2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば食べ物ネタ全然書いてないやってんで
MRT中山駅、ゲストハウスくまくん。そばの福大山東蒸餃大王を紹介します。

DSCF1074.jpg

くまくん。そばということは新光三越の裏ということで
昼時、夕飯時はいつも混雑してました。
自分は宿のスタッフさんに教わって飛び込みましたが、
後から知ったところ地元でも有名な店らしいですね。
地元のサラリーマン、OL,近所のおっさん、おばはんに
旅行者までさまざまな来客がいました。

で、蒸餃子の店でございますのでまずは海老餃子をいただきました。(100TN$ 約270円)
DSCF1041.jpg

もっちりした皮の下、中にはプリプリの海老がゴロッ、
ひき肉と野菜がザクザク、おつゆがジュワッ、って感じで入ってます。
かなりボリュームがあるためか、周りの人はこの海老餃子または蒸餃子に
小皿料理を一品、という感じで食べている人が多かった気がします。


それから台湾ではおなじみ牛肉麺(110TN$ 約300円)
DSCF1040.jpg

うどんのような柔らかめの麺に出汁の効いたあっさりスープ、しっかりと煮込まれた牛肉が
ゴロゴロ乗っかってました。ベースではないと思いますが醤油が使われているためか、
日本人にもとっつきやすい味です。


DSCF1073.jpg
それから酸辣麺(65TN$ 約175円)酸辣湯といえば酸っぱいものを想像しますが、
ここの酸辣湯は酸味を抑えてマイルドに仕上げています。
牛肉麺と同じ柔らかめの麺?に卵、木耳、細切り豆腐など等具がどっさり入ってます。


どれを食べても美味しく、そして安い。台湾庶民の味とはまさにこのこと。
MRT中山駅、新光三越の裏側、ちょっとわかりにくいところにありますが、
ぜひお試しください。

山東福大蒸餃館
台北市中山北路一段140巷11號
MRT中山駅3番出口から徒歩約1分


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/09/29 20:00】 | 台湾
トラックバック(0) |


saka
旅先でのご当地料理は、やはり興味をそそるねー。
見ている時が空腹だとなおさら。
これからの、良い面悪い面両方での食糧事情に期待!
飲食店だけじゃなく、コンビニやスーパーも使っているの?

コメントを閉じる▲
台風到来の予想がはずれ、曇りながらも雨は降ってない。
そんな台湾滞在2日目に行ってきました台北101です。

DSCF1047.jpg

遠目にみてもやたら高いそのビルは高さ509.2メートル、今はドバイのブルジュファリファに
抜かれましたが完成した2008年当時は世界最高の高さだったそうな。

DSCF1048.jpg
遠目にでかければ
DSCF1050.jpg
近くで見ても当然でかい。

最寄り駅は台北捷運 (MRT) の板南線・市政府駅ですが、ちょっと距離があるので無料の送迎車両がでています。
(その他、台北101を経由する路線バスもあり)。
将来、このビルの地下にはMRTの新線新駅(信義線・世貿中心駅)ができる予定だそうな。

このビル自体は下層階にはショッピングモールが入り、上層階には企業オフィスが入る複合コンプレックスとなっており、
天辺部に展望台があります。展望台には建物5階受付からエレベーターで上がることになります。
ちなみにこのエレベーター、東芝製で世界最速のエレベーターだそうな。
大人一人400TN$・・・観光ならこんなもんですね。
5階受付のおねーさんは日本語がなかなか上手い。そして北川景子似でかわいい。
正直展望台よりおねーさんを眺めていたいってのが本音でしたが、
そこはぐっとこらえて展望台へ。

DSCF1055.jpg
上からは
DSCF1054.jpg
こんな感じ
DSCF1053.jpg

DSCF1052.jpg



調子に乗って動画も撮ってみた。




これで天気が良ければもっと楽しめたとは思いますが、残念な天気でした。
せっかくここまで書いておいてこういうのもあれですが、正直展望台に昇っても「ふーん・・・」
程度の感想しか出ませんでした。
というか・・・都庁や名古屋のテレビ塔からの眺めと大して違いがわからん
なんて考えたりして。そりゃ地理学、地政学的に見たら違いがあったりするかもしれませんが、
パープーで残念な頭の私にはそんなことわかりまへん。
まぁ旅先のアトラクションの一つと思えばありとは思いますがね。



不満もありましたが眺望にはそれなりに満足し、再び受付のおねーさんを楽しもうと思いいそいそと展望台を降りました。
おねーさんは休憩中だったのか受付ブースにはいませんでしたとさ。






追記を閉じる▲

【2010/09/16 21:00】 | 台湾
トラックバック(0) |


のむら
昨日まで横浜鎌倉に行ってきた
ランドマークタワーの夜景すげぇ!
台湾の展望も夜景ならもっといいかもね

ボタン押したよ
ククク


まさたか
>のむら
んふふふふふふ

なんで
禁欲生活
おねいさんの写真upしないの~~!!??


まさたか
>禁欲生活さん
いや見とれてて撮ってなかったんだよねー


コメントを閉じる▲
今回旅に出るに当たって唯一事前に予約したのがこのゲストハウスくまくん。です。
http://apac0111.blog66.fc2.com/
http://guesthousekumakun.web.fc2.com/

DSCF1095.jpg
くまくん。入り口。
  

流石に一カ国目から宿探しに苦労したくないってんでHPを見て予約しました。
オーナーさんが日本人ならスタッフさんも日本人ということで、言葉の壁で
苦労することは一切ありませんでした。
ゲストハウスの呼び鈴を鳴らした時、日本語でレスポンスが返ってきたのには
安心して気が緩み、腰が抜けそうになりましたw
DSCF1091.jpg
共有スペース

DSCF1092.jpg
踊り場




場所は台北市のMRT中山駅(中央駅である台北駅の隣)徒歩2分、新光三越の真裏という
超好立地。どこに行くにしても便利です。
自分が滞在したときは工事中だったようですが、普段は無線LAN、有線LAN完備、
情報ノートにはグルメからマッサージまで情報びっしり、
これでドミトリー500元、シングル1000元なら激安でしょう。
くまくんはビルの4,5階を居抜きで使っていますが5階の踊り場は
古い台湾と発展していく台湾の両方を堪能できるすばらしい眺望を楽しめます。
ここでビール飲むと台湾にやってきたなーって雰囲気を味わえます。
DSCF1043.jpg
目線を上に向ければ台湾の高層ビル

DSCF1044.jpg
下に向ければ開発に取り残された間のある雑然とした風景

DSCF1093.jpg

DSCF1094.jpg



というわけでくまくん。にはこれからも続いて欲しいので賛美しまくっておきます。
ぜひ皆さん利用してください。

ちなみにドミトリーで一緒だったGO君と文ちゃんはどちらも語学留学による長期滞在でした。
女性の居住者も留学の方ばかりでした。
たまたま旅行者がいなかっただけですが、バックパッカーの自分は若干肩身が狭かったですw



追記を閉じる▲

【2010/09/15 21:00】 | 台湾
トラックバック(0) |

あれ、
ひとごと
完全にノープランだと思ってたら、初めだけ宿予約したりして、やけに計画的だったのね。沢木氏ばりに、にいきなり黄金宮みたいなところに突っ込んじゃえばよかったのに~!


まさたか
>ひとごとさん
いやー最初だけ予約してたけど、それを計画的と呼ぶものなのか・・・
今ベトナムにいますが地図すらないから結構苦労してますw
PCだけが頼り。


くまくん
日本ブログ村のブログランキングから偶然このサイト発見しました!!台湾ゲストハウスくまくんです。ご紹介ありがとうございます。まさたかさん、世界一周お疲れ様でした!!記事にでているぶんちゃんはまだ台湾にいますよ★

コメントを閉じる▲
台湾では朝から外食という文化が根付いているようです。
朝ご飯を食べずに家を出て、途中の屋台やコンビニで購入したものを
会社や学校で、あるいは買ったその場で食べるというスタイルが確立されているようです。
台湾滞在中、私が宿泊していたゲストハウスは台北市内の中山駅徒歩2分のとこにあったのですが、
ここは台北駅の一つ隣で真光三越(台湾の三越)があるという大都会の駅なんです。
そんな駅の大通り沿いには↓のような感じで5.6の屋台が軒を連ねていました。
お粥、麺、サンドイッチとコーヒーなどが売られています。



DSCF1096.jpg

ちょっと小さい写真ですが手前でサンドイッチ、奥で麺と粥を売ってます。


お粥は好き毎日食べていました。美味しいしなんといってもたった35TN$(100円以下)。
粥以上に具がびっしりと敷き詰められます。
ひき肉のそぼろ、蕪やキャベツの漬物、シラス、トマトの皮その他なんだか「得たいの知れないもの」も入ってます。
緑色で寒天状になっていてプルプルしている・・・なんだろうこれ。
こちらも肉のそぼろ、筍、山菜、その他「得たいの知れない物」が入ってます。

DSCF1111.jpg


味付けは薄めでしたが朝ならこれくらいでもいいのではないかというくらいです。


ゲストハウスの踊り場は気持ちいい風が吹き抜けるとともに、良い眺望が楽しめます。
発展して天に向かって伸びていく高層ビル類と、取り残され雑然とした路地裏の雰囲気を
同時に堪能できます。
そんな景色を眺めながら台湾式の朝粥をいただく。。。なかなか趣がある朝食となりました。

DSCF1098.jpg


しかしあの「得たいの知れない物」は一体なんだったんだろうな・・・








追記を閉じる▲

【2010/09/14 21:00】 | 台湾
トラックバック(0) |

食は文化
saka
あ~、屋台めしはいいですなー。
台湾に行った時は、料理の名前がわからず
注文できなかったのを思い出すよ。
もったいない。
それでも夜一で食べたチャーハンはうまかった。
蛇肉を選べたのは驚いたよ。


まさたか
>sakaさん
屋台飯ってのは心が躍るね。露店の小汚いテーブルの上に野菜と肉のつまみが1,2品にビール一本。道行く人をピープルウォッチング。
これだけで至福でございます。


まさたか
>sakaさん
それと、メール送りたいんだけど携帯のメールアドレスにはメールが送れないんだ。PCのメールアドレスを教えてくれんか?
interstellarspace.mfアットgmail.com(アットは@に直して送信してね。)ここに連絡ください。

コメントを閉じる▲
低予算の旅を標榜していても、たまには贅沢したくなるものです。
私の場合酒について贅沢をしてしまいます。

Good_158_sum640_1249450100.jpg

画像はネットから拝借

台北市には林森北路という通りがあります。在台駐在員御用達の
飲み屋スナックバーがひしめいています。
その中にバー「響」があります。
その名のとおりサントリーの響をモチーフにしている様です。
私が行ったときはママさん(日本人)と女の子2人(日本語堪能な台湾人)体制で営業していました。、
お客さんも常連さんと観光に来た方とで和やかで落ち着いた雰囲気を作っていました。

ウィスキーに力を入れているようですが、その分カクテルには弱めな模様。
一応ミニマムチャージは600元と設定されているようですが、
二杯飲めばクリアですのであまり気にすることはないと思います。
ちなみに私が行ったときはカクテル一杯とウィスキー二杯で1430TN$でした。
リーズナブルといえると思います。
訪台の際にはぜひ!自信を持ってお勧めできるバーです。






追記を閉じる▲

【2010/09/11 20:00】 | 台湾
トラックバック(0) |


断酒三週間目
どこに行っても酒は呑むんだな。

そのうちに
虎サブ
外国の旅先で日本を感じるとやっぱり安心感があるのかな。
発展途上国とか行ったら密造酒とか飲まされそうですね。


まさたか
>断酒三週間目さん
酒飲みに海外行ってるようなものなんでw


>虎サブさん
今いる香港はまだ日本語をたくさん見ます。
場末の料理屋とかでもメニューに日本語表記があったりして
旅行社でも店に入りやすかったりするんです。
密造酒・・・ベトナムカンボジアあたりは心配かもw

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。