2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジノですっかり負けたし回遊魚を突っついたし、
やることやったので香港に移動します。
移動はフェリーで、140HK$(1600円)で気軽に渡航。
マカオ到着時にも利用しましたが、フェリーターミナルから各有名ホテルへは
無料バスが常時運行されています。帰りについてもそれを利用すれば
無料でフェリーターミナルへ移動することができます。
部屋をチェックアウトし、お世話になった晶晶賓館の
おっさんおばはんに別れを告げ、握手してから去りました。
古い宿だったけどホスピタリティにあふれる宿だったなぁ。


この時はリスボアホテルが運行しているバスに乗り、ターミナルへ向かいました。
フェリーターミナルへの移動中は例によって例のごとく20キロの荷物を担いでいるため、
写真は全く取ってられませんでした。
フェリーターミナルに到着後、ターミナル2階の出発ロビーへ。
ファーストフェリーというマカオ香港の九龍を結ぶフェリーを利用します。

DSCF3141.jpg


イミグレーションを通過(特に問題なし)、マカオを出国します。そしてフェリー乗り場へ。
到着時に見たサンズホテルの悪趣味な超豪華な建物がお見送り。
DSCF1251.jpg

DSCF1252.jpg

DSCF1255.jpg


DSCF1256.jpg


DSCF1257.jpg


DSCF1259.jpg


一時間もかからず、香港の町並みが見えてきます。

DSCF1261.jpg


DSCF1262.jpg


DSCF1266.jpg


九龍フェリーターミナルに到着。荷物を担いでイミグレーションへ。
こちらもなんの問題もなく入国を果たします。
このターミナルは香港政府提供のwifiフリースポットです。
到着ロビー付近はwifi利用が可能でした。I-pod touchで
情報収集をした後、香港での根城となる重慶大厦(チョンキンマンション)へ。
ターミナルから近いことはわかっていましたが、
荷物もありタクシーを利用しました。22HK$(約250円)でした。
ちなみに徒歩だと20分はかかります。大荷物の時にはちょっと苦しい距離です。
重慶大厦については後日書きますが、
沢木耕太郎先生の「深夜特急」のモデルにもなった安宿ひしめく商業ビルです。
沢木先生が宿泊したころとは大幅に変わっているのでしょう。
小説ではアジア系を中心とした雑多な人種混ざる安宿ビルとして登場していますが、
今では中東、アフリカ系の旅行客の根城となっています。



初めてビルの中に入るときはけっこうビビると思いますので要注意。
事前に調べていたA-13階の新北京賓館へ。
ネットで調べたところゲストはwifiフリーということなのでこの宿を選びました。
オーナーは気さくな人柄の人でした。1泊160HK$(2000円弱)を支払い部屋に落ち着きます。

DSCF1269.jpg

とりあえず、サンミゲルで乾杯。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/10/19 19:00】 | マカオ
トラックバック(0) |
マカオ、この街に来てカジノや女に手を出す人はいても、
観光だけして帰る人っているのでしょうか?
私のような下衆な人間はカジノやって、回遊魚突っついて、
それ目的で来たわけでございまして、正直観光なんざ
どうでもいい二の次程度にしか考えておりませんでした。
んだからまぁ、有名どころだけちょろっと周ればいいかと思ってました。
なんて罰当たりな


やっぱいろいろと周ればよかったと今は反省orz
とりあえず行ったところをちょぼちょぼと。


セナド広場マカオ観光の中心地。
ほぼ間違いなくここを基点に観光することになるでしょう。
DSCF1166.jpg


DSCF1170.jpg


DSCF1178.jpg
なにやら祭りが近いらしくこんな感じに飾り付けられていました。

DSCF1172.jpg
セナド広場横の郵便局。雰囲気ある建物。

ちなみにこのセナド広場については私はほぼ毎日通いました。
ここにはマカオ政府提供のフリーwifiスポットがあったからです。
さすが政府運営のwifiスポット、アクセスブロックが
働いており、公序良俗に反するサイトは開くことができません。
ひまOり動画が見れないことが判明したときは焦りました。
ただ、saOmove!は開くことができたので、けいOんや生徒会O員共の動画を
ちょいちょいと・・・その・・・なんでございます?


ギア要塞・・・マカオの要塞
昔のマカオ守備の要だったのでしょう。
マカオで一番高い丘の上にあります。見晴らしは抜群に良いです。
DSCF1180.jpg


DSCF1182.jpg


DSCF1185.jpg
中には博物館があります。他に行くとこもあったので今日はスルー。

DSCF1186.jpg

私のお金を巻き上げてくれちゃった憎いグランドリスボアホテル、
ちょっとふっ飛ばしてくれませんかね?

DSCF1187.jpg


DSCF1188.jpg

DSCF1189.jpg

DSCF1180.jpg

マカオを一望できます。


聖ポール天主堂
三度の大火に見舞われ、ファサードを残して焼け落ちたそうな。
マカオ観光といったらここといった感じでしょうか。観光客で溢れていました。

DSCF1196.jpg


DSCF1197.jpg





以上観光終わり。あーもっといろいろいけばよかった。。。


追記を閉じる▲

【2010/10/18 19:00】 | マカオ
トラックバック(0) |

おつかれさまです
わいんれっど
いつもブログ更新楽しみにしてます!観光しても、デジカメ画像の整理が大変そうですね。で、2点ほどご質問を。
・先日は某どようびスレに画像貼って下さってありがとうございました。さすがにこのブログの事は告知しないのでしょうか?
・誰もつっこんでいないのですが僭越ながら、マカオのバンジー認定証、本名モロバレですけど大丈夫ですか?


まさたか
>ワインレッドさん
10月19日現在でデジカメ画像が2000枚を超えています。
そろそろ処理に困りはじめています。
質問について。
・どようびスレは働いていたときからの憩いの場。あそこが多少でも盛り上がってくれるならそれでいいと思って貼りました。
ただ、あそこで宣伝する気はありません。憩いの場の雰囲気を壊したくはありません。もしも自分が画像を貼ることで誰かが過剰に反応し、荒れてしまうようなことがあればそれは悲しすぎます。
今は消していますが一応アフィ貼ってるブログでもありますしね。
気になった人だけURLから辿ってきてくれればそれでいいと思っています。
・バンジー認定証、確かにモロに出ていました。自分的には何も問題はありませんが、近々さしかえます。
ご指摘ありがとうございます。こんなのですがこれからも見守ってください。

コメントを閉じる▲
バンジージャンプ後、マカオタワーの上をフラフラしている時に撮りました。

DSCF1237.jpg


スカイウォークに興じるお姉さんたち。
マカオタワー地上233メートルの外周の際を
安全具をつけて歩くというアトラクションです。
こちらはバンジーと違って一瞬で終わることもなく、
またインストラクターが付いているので参加しやすいのではないでしょうか。
お姉さんたちが綺麗だったこともあり、お姉さんたちを撮影しようとする人で
人だかりができていました。お姉さんたちもノリノリでポーズしてたので
撮影させていただきました。


DSCF1238.jpg


DSCF1241.jpg


DSCF1242.jpg


DSCF1243.jpg
国を超えて仲良くなりたいレベル

DSCF1244.jpg
タワー内部


DSCF1247.jpg
外の眺め


DSCF1249.jpg
いい眺望でございました。


追記を閉じる▲

【2010/10/16 19:00】 | マカオ
トラックバック(0) |
バンジージャンプの続き。

マカオタワーからバンジージャンプしてみた 前編
http://journeyatw.blog58.fc2.com/blog-entry-33.html
いよいよ飛び込み台の最先端に向かいます。
「自分がビビッて飛べなくなること」が恐くて下を見ずに
前へと進みます。確かに下さえみなければ案外恐くないですね。
脳みそが事態を認識していなかったんだろうなと思います。
ただし、頭の中のBGMは死刑台のエレベーターでした。
目の前に広がるはマカオの街と遥か彼方の海と水平線、
地球は丸いなーなんて暢気なことを考えてたら撮影係の兄ちゃんが声をかけてきました。
「ヘイマサタカ!気分はどうだい!?最後に一言言ってくれ!」




「I can fly!!!」



マカオの人は映画ピンポンとジャパニーズアクター窪塚を知りません。
その場に居たスタッフ5,6人ぽかーんとしてました。





飛び込み台最先端に立ち、手を広げ、カウントダウンが始まります。
























レッツゴー!!!


インストラクターのお兄ちゃんがゆっくりと背中を前に押してくれました。
身体が前に倒れていき、真下が目に入った瞬間、脳みそから背筋に言いようがない
何かが駆け抜け、そして家族とペットの顔が思い浮かびました。






「あ、これは死ぬな」





脳が本能的にそう認識したのでしょう。そして家族の顔が浮かんだのは、
今思えば走馬灯だったのかもしれません。
いくら安全具をガチガチにつけていようが、そんなことは脳みそにはお構い無しです。
いやいや大丈夫だから。これはアトラクションであって、
これで死んだ人なんていないからおんぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


時間にしてほんの数秒ながら頭の中にいろんな感情が駆け巡ります。
迫り来る地面、そろそろ空中でバウンドするはず、いやしなかったら?
マカオタワーのバンジーアトラクション初の事故死が俺になるのか?
俺は死ぬかも俺は死ぬんじゃね俺は死んだ止めとけばよかった
銀行は辞めずにヌクヌク生きてればこんなことはなかった
トーチャンカーチャン先立つご不幸お許しください
ギンを最後にワシャワシャしたかった
ああ!自宅のPC初期化しとけばよかった!!!!!!!!11











安全綱が伸びきり、無事に空中でバウンドした瞬間、
今度は生まれ変わった気がしました。
死んだ!いや俺は生き返った!I can flyした!
生きてるって素晴らしい!
PC初期化しなくてよかった!
この時の頭の中のBGMは「ショーシャンクの空に」のEDテーマでした。


数回バウンドし、完全に静止した後安全具を操り
足が下になるようにします。その後ゆっくりと地面に降ります(一応巨大な安全マットが敷いてあります)
その頃には出まくった脳汁と血が上った頭のせいですっかり興奮状態。
地上のスタッフとガッチリ握手&熱いハグなんかしたりしてました。
スタッフさんもこんな客ばかりだから扱いに慣れてるのでしょう。
「おまえはよくやったよ!」「ヒーローだ!」なんておだててくれて
すっかりほ、ほー、ほあー!!!!状態になるのでした。

DSCF1246.jpg
後から撮った真下の写真。写真真ん中、金網の向こうにある四角いのが
着地地点です。


その後は着替えと認定証の授与のためにもう一度マカオタワーに登ります。
マカオタワーに登るには入場チケットが必要ですが、バンジーTシャツを着てる人は
もちろん通してくれます。昇るエレベーターを待っているとき、
出くわした日本人ツアー客の皆さんと地元のガイドさんに鉢合わせしました。
ガイドさんは当然Tシャツの意味を知っています。
ガイド「あなたバンジーしたか?凄いね!!!皆さんこの人バンジーしたよ!!!」
日本人客「え?バンジーってバンジージャンプ!?凄い!」


なんて言って話しかけられたりするもんだから軽くヒーロー気分を味わえます。


その後着替えに戻り、バンジー認定証を受け取り全て終了。
自分がバンジーするさまを収録したDVDと写真の販売がありましたが、
そのとき手持ちの香港ドルが200HK$しかなく買えませんでした。
DVD+写真で599HK&(6000円)だったと記憶してます。



ちなみにお値段はバンジー台+マカオタワー入場費+Tシャツ+バンジー証明書込みでお値段は1912HK$(約21000円)
正直高いと思うでしょうが、あの脳汁出まくりの体験は人生で一度はやってみて損はないと思います。
ビビルとは思いますがなんでも挑戦してみるもんです。
そして、何かが吹っ切れます。ぜひお試しください。

DSCF2882.jpg
もらったバンジー認定証。日本語英語中国語で書かれています。




「ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption」ED


追記を閉じる▲

【2010/10/14 19:00】 | マカオ
トラックバック(0) |

走馬灯に見る空
saka
「ショーシャンクの空に」は、飽くことのない
名作ですな。
バンジーが終わって、下からマカオタワーを
眺めたときのBGMは「フィガロの結婚」かな。

高所恐怖症で、ディズニーアトラクションレベ
ルが限界なあしには到達できない場所です。

ところで、下に敷くマットって意味あるの?


まさたか
>sakaさん
フィガロの結婚は安全綱がビヨーンと伸びた時点で流れたような気がします。あれほど美しい音楽はないですね。
舞台に立てるsakaさんの度胸ならバンジーやれます。
いや、バンジーやってさらに度胸つけてください。
>下に敷くマット
一応終わった後安全に地上に着地する際に必要なんじゃないかな。
安全綱が切れたらあんなもんじゃどうしようもないはずだから。

はじめまして
あい
今週末飛ぶ予定ですので、とても参考になりました!
ありがとうございます。

最後の一言を考えておくことにします(

コメントを閉じる▲
マカオを経つ直前のこと。カジノで勝負したし(負けたけど)回遊魚も買ったし(これは最高)
観光したし(どうでもよかったけど)、
唯一つ、最後にどうしてもやりたいことがありました。

バンジージャンプ
です。


マカオタワーバンジージャンプは世界最高の落差を誇ります。
233メートルの高さから飛び降り、落下時の最高速度は時速200kmを越えるそうな。
銀行を退職して長期の旅に出るなんて日本的に考えたら正気の沙汰じゃございません。
社会的に言えば死んだようなものです。ついでにいうとバンジー決行の前日に
カジノで大負けして焼けのやんぱち状態。
ならば、一発死んでやろうかと思いつつマカオタワーに向かいました。
マカオタワーまでリスボアホテルからタクシーで22.5HK$(250円)、
各ホテルから無料シャトルバスが出ていますが便数少ないし、タクシーの方が便利です。

DSCF1233.jpg
マカオタワー。高っ!

DSCF1225.jpg

DSCF1231.jpg

周囲は何もなく実にいい景色。

DSCF1228.jpg
インフォメーションセンター内部。

DSCF1229.jpg
なにやら見覚えのあるSD戦士が・・・



10時頃にマカオタワーに到着、インフォメーションでバンジーをしたい旨を告げると
その場で会計。会計後チケットを渡されタワーに登るよう指示されます。
地下のタワー入場口からエレベーターでタワーを上がります。
タワーを登るとき、頭の中には威風堂々が流れていました。
受付で片言の日本語が話せる係のお兄さんからなにやら誓約書にサインをさせられ、
バンジー参加者用のTシャツに着替えるよう指示されます。
ロッカールームでTシャツに着替え、同時に荷物を全て預けます。
ロッカーキーを受付に預け、代わりにゴム製のリストバンドを受け取ります。
キーだとバンジーしたときに無くしますからね。


そして飛び込み台へ。記念ビデオ&写真を撮られまくる中、
体中にガチガチに安全具をつけ、インストラクターからレクチャーを受けます。
片言の日本語と流暢な英語を話す20代白人ナイスガイでした。
英語なのでほとんど聞き取れませんが、バンジー後宙吊りになった後の処置と、
飛び込む前に下見ると足がすくんで飛び込めなくなるよと言ってることはわかりました。

この時点で着替えたTシャツは汗でぐっしょりと濡れていました。
間違いなく暑さのせいだけではなかったと思います。
長いので続きます。





追記を閉じる▲

【2010/10/13 19:00】 | マカオ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。