2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスへ行こう。
ラオス行きはカンボジアで知り合ったKENさんと行こうと約束していた。
メコン川を見ながらラオビアを飲む・・・これが楽しみだった。

今回の移動で楽しみにしていたことがあった。
夜行列車である。海外初の夜行列車。
うっひょう興奮するぜ!
目指すはラオスとの国境の街ノーンカイ(Nong Khai)である。
ノーンカイはタイからラオスに入国するのに一番メジャーな国境だ。
何しろノーンカイからメコン川を渡った先はラオスの首都ヴィエンチャン
当然人の流れも多いわけで。ノーンカイ行きのタイ国鉄深夜特急もそこそこ混雑していた。



夜18時頃、カオサンの宿を引き払い、国鉄ファランポーン駅へと向かう。
バックパックを担いでいたが大通りまで歩き、流しのタクシーを拾う。
カオサン辺りにたむろしている運ちゃんは要注意。ロクな噂を聞かない。
普段はリスクを考えてタクシーは使わないが、
今回は男二人。よっぽどのことが無い限り大丈夫だろうと考えた。
捕まえたピンクのタクシー、運転手は誠実な人だった。
行き先を告げるとすぐにメーターをつけた。


日本だとこれが当たり前なのだがタイだと事情が違う。
こっちが旅行者と見るとメーターを使わず、
言い値で吹っかけてくる奴がいるので注意だ。
それがあるからできるだけタクシーは使いたくない。





ファランポーン駅に到着。100バーツ、所要時間は30分ほど。

DSCF2999.jpg
19時頃のファランポーン駅は乗車待ちの客で混雑していた。

DSCF3001.jpg

DSCF3003.jpg


この日乗ったのはノーンカイ行き夜行列車の二等寝台エアコン付き。
寝台シートは上段と下段があり、上段は688バーツ(約2060円)、
下段は758バーツ(約2270円)と差がある。
20時発の列車、10分遅れ程度で発車した。タイとしては定刻の内だろう。
この値段の差は窓があるかないかという点が生んでるのだろう。

DSCF3004.jpg
上段シート(俺)

DSCF3005.jpg
下段シート(KENさん)
写真が暗いのでわかりにくいが上段は単に寝るだけなのだが、
下段シートだと寝そべりながら流れていく景色が観られる。
絶対に下段の方が良い。
KENさんは買い込んだビールを飲みつつ流れていく夜景を楽しんだらしい
・・・イイナー

ちなみにこの列車、冷房がもの凄く効いているので要注意。
比喩ではなくTシャツ短パンでは凍えるほど強力だ。
タイでは・・・というか東南アジアでは冷房が効いているとこは
物凄く強力に冷房を効かせている。
デパート、長距離バス、長距離電車、LCCまで冷房をケチらない。
クソ暑い国柄、現地人としてはそれで喜べるのであろう。
しかし日本人には強すぎる。この列車に乗って2,3時間経った頃、
自分はバックの奥から冬物のセーターを取り出していた。
それくらい寒かった。


寒いという弊害はあるが、ワクワク感は半端なかった。
KENさんや乗り合わせたカナダ人旅行者と遅くまでくっちゃべりながら
海外に出て初の夜行列車を楽しんだ。

DSCF3008.jpg

DSCF3009.jpg

DSCF3010.jpg





翌朝、5時過ぎに目が覚めた。まだ外は暗かったが、
徐々に明るくなっていく空を見ながら過ごした。
外は靄がかかっていた。

DSCF3014.jpg

DSCF3020.jpg

DSCF3021.jpg

DSCF3018.jpg




食堂車に行ってみた。サンドイッチと紅茶の朝食セットを頼んだ。
100バーツ(300円)。

DSCF3016.jpg

DSCF3025.jpg

DSCF3027.jpg

そんなに綺麗な食堂車ではなかったが、食堂車ってやっぱりいいなー。
長距離列車にはぜひほしいよね。新幹線も復活させてほしいもんだ。




紅茶を飲みつつうだうだしてたら9時ちょい前にノーンカイに到着した。
予定到着時刻が8時25分だから、ほぼ定刻に着いたと考えて良いだろう。

DSCF3030.jpg

DSCF3029.jpg
DSCF3033.jpg

荷物をまとめて駅に降り立った。さて、どっちに行くんだろう?



続きは次回ってとこで↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


例のソレ。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/02/18 10:00】 | タイ
トラックバック(0) |
なんかひたすらタイの記事が続きますがそろそろ話を進めるつもりです。
その前にバンコクで食したものを紹介。
タイのご飯ってのはどうしてあーも美味しいのだろうか。
一部辛いものもあるけれど、日本人の嗜好に良く合うのは確か。

旅先で長く滞在できるか否かの重要なポイントとして、
やはり飯の存在は大きい。
飯が旨ければそれだけで居心地良く感じるもの。
まずは朝のお粥から。

DSCF2764.jpg
DSCF2765.jpg


日本のお粥と違ってこちらはご飯がトロトロに溶けるまで良く煮込まれており、
トッピングで肉団子を追加することができる。
しょうがとネギを薬味に、ナンプラーを加えて食べるのがこちらの流儀。
ラオスやベトナムでもこのタイプのお粥を見かけたので
タイ風というよりは東南アジア風といったところ。
カオサン裏のランブトリ通りのセブンイレブン前に屋台が出ており、
二日酔いの朝によく食べに行ったものだ。
プレーンなお粥で25バーツ(75円)、肉団子入りで35バーツ(105円)程。


DSCF2892.jpg
DSCF2890.jpg
DSCF2891.jpg

パッタイ。俗に言う焼きソバである。
こちらでは砕いたアーモンドやエビのふりかけ(サクラエビの更に小さいやつ)を
パッタイの上に散らして食べる。
量もほどほどにあるのでアクティブに動く一日の腹ごなしにぴったり。
プレーンで30バーツ(90円)、卵付きで35バーツ(105円)程。
カオサンでは朝から屋台が3,4軒でているがどこも似たような値段だった。


DSCF3809.jpg
グリーンカレー、カオサン近くの屋台で食べたもの。
これは日本人としては苦手な人が多いかも。
見た目はそうでもないがやはりカレー。それなりの辛さはある。
40バーツ(120円)くらい。
こちらの料理は基本的に具沢山。物価が安い恩恵だ。

DSCF2885.jpg
同じ屋台で食べた空芯菜の炒めものとヌードルスープ。
日本では馴染みの薄い空芯菜だが東南アジアではメジャーな野菜。
ナンプラーと油とにんにくでさっと炒めたものは
シャキシャキの歯ごたえと熱さとにんにくナンプラーの香りがマッチして
ビールが止まらなくなる。
なんで空芯菜って日本では流行ってないんだか不思議である。

DSCF2854.jpg
同じ屋台のトムヤムクン。酸味の効いたスープにエビや野菜がごろごろと入っている。
辛いイメージがあるがこの店のは控えめな辛さだった。
場所柄外国人旅行者が多いことを配慮したのだろう。




DSCF3786.jpg



ラオスとの国境の街チェンコーンの市場で食べたヌードルスープ。
米から作ったきしめんのような麺は非常に柔らかい。
魚のすり身の団子とチャーシューのような肉切れが乗っていた。
25バーツ(75円)は市場&辺境の町らしい価格。


DSCF4435.jpg
タイ南方の町ハジャイ(ハートヤイ)で食べたチキンライス。
この辺りはマレー文化が色濃く残っており、
シンガポールやマレーシアの料理をよく見かけた。
45バーツ(135円)

DSCF2993.jpg
DSCF2994.jpg
DSCF2995.jpg
バンコクの有名なシーフードレストラン、
ソンブーン http://www.somboonseafood.com/の料理。
ソンブーンはプーパッポンカレー(写真一番上)を創作した店として有名。
鶏卵と蟹の身を炒めものを具としたカレーで、
今では地球の歩き方にも紹介されるほどのメジャー料理だ。
このレストランは駐在日本人にも愛されており、
レストランの中では日本語が飛び交っていた。
というか店員さんも片言の日本語で接客してくれた。
ディナータイム2人、4品+ビール2本で990バーツ(2970円)と、
タイではいい価格だが日本価格で考えたら格安。

DSCF2771.jpg
セブンイレブンで買ったレッドブル。
本場のレッドブルは効くのかと期待したが大して体調に変化はなかった。
リポDと大差なし。10バーツ(30円)

DSCF2761.jpg
シンハービアー。タイのビールといえばシンハー・・・だったのだが、
最近はチャーンビアーに値段、アルコール度数共に負けており
若干影が薄くなった。

DSCF2762.jpg
チャーンビアー。シンハーのシェアを奪取しタイNO.1に君臨するビール。
味良し、値段安し、度数強しと文句のつけどころがない。
タイではほとんどこれを飲んでいた気がする。
ちなみにチャーン(Chang)とはタイ語で 象 のこと。

と、列挙してみたがタイではずれ飯ってのは本当になかった。
どこへ行っても安いし旨い。
書いてて再訪したい気持ちが一番湧いてきたのがこの記事。
食べ物に対する執念ってのは恐ろしいようだ。

うまそーだなーと思ったら↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


例のソレ。





追記を閉じる▲

【2012/02/14 18:30】 | タイ
トラックバック(0) |
アユタヤからバンコクへ帰ろうとタイ国鉄アユタヤ駅にやってきた。
が、なぜか鉄道は止まっていた。
理由は駅員に聞いてもわからない。
(主にこちらが英語がわからないので)
近くにいた客引きのおばちゃんによると、
3時間は止まっているそうで、いつ復旧するかわからないらしい
(おばちゃんは流暢な日本語使いだ!)

さてどうするか・・・
おばちゃんはさも心配そうな口調であれこれと話しかけてくる。

「アナタタチ電車トマッテルヨ。ココカラバンコクカエレナイネ」
「ホテルトロウカ?バンコクマデタクシーデカエルノモアリネ」

口調は心配そうなんだがそんな笑顔で話すもんじゃない。

こら、勝手にタクシードライバーとバンコクまでの料金を交渉するな!

おばちゃんには俺とKENさんが美味しそうなカモに見えたことだろう。
「バンコクまでのタクシー1500バーツ(4500円)でどうだ?」とか、
俺らの宿の10泊分も出せるか!!!


俺とおばちゃんがあーだこーだと話してる横で、
KENさんは地球の歩き方を調べていた。

歩き方いわくアユタヤにもバスターミナルがあり、
頻繁に1時間に1本くらいはバンコク行きバスが出ているらしい。
バスの料金は50バーツ!これで帰るしかない!
ただし、アユタヤ駅からバスターミナルまで直線距離は近いが、
大きな橋まで迂回しなければならないようだ。
図にするとこんな感じである。
ayutthaya1.jpg



俺らの話を聞きつけて、おばちゃんが食い下がるようにオファーを出してきた。
「タクシーデバスターミナルマデ100バーツ!カクヤスヨ!!!」
タイの物価的と距離的に考えてそのオファーはぼったくりだ。
さっきからこちらが困っていることを良いことに、
あーだこーだと吹っかけてくるおばちゃんが癪に障りだした。

これ以上このババァにいいようにされてたまるか!
ってことでKENさんと意見が一致した。
とりあえずバスターミナルまで行けばどうにかなるのはわかった。
ではどうやっていくか。ちょっと遠いけど普通に歩くか?
が、地球の歩き方をよく見ると駅とバスターミナルを隔てる川には渡しボートがあるようだ。


ayutthaya2.jpg

じゃぁそれに乗ってターミナルに向かおう!ってことで話がまとまる。
ババァは少し離れたとこからこっちの様子を伺っていた。
「ドコイクカ?タクシーコッチヨ!」
「ちょっとコンビニ行ってくるわー」とかなんとか言ってその場を離れる。

ボート乗り場は駅から3分もかからないところにあった。
やる気のなさそうなおっさんが係員をしていた、
おっさん向こう岸までいくら?3バーツ
えらい安いなよろしく頼む。。。まだ出発しないの?
あぁ、客がある程度集まるまで待つのね。20分ほど待たされた。


DSCF2982.jpg
DSCF2981.jpg
DSCF2980.jpg

俺とKENさんの他4人を乗せて対岸に出発。ものの5分で到着した。
片道18バーツの収入。ピークの時間とかどれくらい客が乗るんだろ。


地球の歩き方に従ってテクテクと10分ほど歩いたら、
目的地に到着した。

DSCF2985.jpg


DSCF2986.jpg

ターミナルというものは無かった。各方面に向かうバスの集合停留所という感じ。
バンコク行きのチケットは50バーツ。30分ほどで出発。
席は8割くらい埋まっていた。






DSCF2987.jpg

2時間でバンコク北側のモーチットのバスターミナルに到着した。
このバスターミナルからカオサンまでバスが出ているらしいが、
この当時はそのことを知らなかったため、
BTSモーチット駅まで歩き、BTSモーチット→ナショナルスタジアム→赤バス7番で
カオサンに戻った。途中のジュースなど含めても100バーツもかからなかった。

地球の歩き方があったとはいえ、自分でルートを組み立てて
移動するのは旅の醍醐味の一つ。
若干のスリルを楽しみつつのアユタヤ日帰り旅行だった。



例のソレ。



↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



追記を閉じる▲

【2012/02/10 13:00】 | タイ
トラックバック(0) |
トゥクトゥクを捕まえ(捕まり?)いざ出発。

横で地球の歩き方を見つつルートはどうしようと思案する
KENさんを横目に、テンションが上がらない自分がいた・・・








実は二度目のアユタヤ訪問だったからだ。
最初の訪問は大学の卒業旅行のこと。
もう4年前のことなのであまり記憶にはないが
「一回見とけば充分」

という印象を得たのは覚えていた。


・・・記事の本編に入る前にこんなこと書いちゃいけないんだろうけど、
実際そう思っていたし、今もそう思ってるから仕方がない。
いや南方仏教とかに興味がある人にとっては
アユタヤは垂涎の地かもしれないけど、
自分のようなパープリン頭のパンピーが思いつくアユタヤとは、
「木に埋もれた仏像があるところ!」と

「サガットと戦うところ!」

くらいのことだ。
神社仏閣、博物館が好きなKENさんはwktk状態、
一方自分は浮かない顔。
トゥクトゥクはエンジン音をとどろかせながら軽快に走っていた。

DSCF2919.jpg

以下写真を大量に投下。えーどこがどこだったか覚えてないので、
アユタヤではこういうのが見れるんだなーくらいに思ってもらえればいいです。

DSCF2924.jpg
DSCF2927.jpg
DSCF2933.jpg
DSCF2935.jpg
あーこんなのあったなー

DSCF2939.jpg
DSCF2938.jpg
DSCF2936.jpg
あの有名な仏像。これだけは二度目でもグッときた。

DSCF2955.jpg
DSCF2956.jpg
DSCF2957.jpg
DSCF2959.jpg
室内に鎮座する大仏様
DSCF2961.jpg
こっちの人は熱心に信仰される。

DSCF2967.jpg
DSCF2968.jpg
サガットと戦うところ。
「タイガーアッパーカット!」は大学時代にやったので省略。

DSCF2976.jpg
DSCF2977.jpg
DSCF2978.jpg
DSCF2979.jpg

大興奮のKENさんと若干冷め気味の自分という構造は変わらず。
最後までKENさんがハイテンションだったのが救いだ。
名所をぐるっとまわって戻ってきたのが15時過ぎだった。

さて帰るか。。。




あれ?電車止まってる?キャンセル?え?どうやって帰るの?



例のコレ。



↓ポチオナシャスッ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2012/02/07 22:00】 | タイ
トラックバック(0) |
バンコクからタイ北部、ラオスに行くのに便利なのは鉄道だ。
チェンマイ、チェンライなど北部主要都市はもちろん、
ラオスとの国境の街ノーンカイまで線路が伸びており、
バンコクから深夜特急で一晩で足を伸ばすことができる。
詳しい情報はタイ国鉄のHPを確認してほしい。
英語ページも充実しており予約まで可能のようだ。

バンコクから北部向かうに当たって最初に訪問するのはアユタヤだ。
これほど有名な遺跡都市は無視できない。


ラオス方面を旅するにあたってパートナーができた。
シェムリアップで知り合ったKENさんだ。
シェムリアップのタケオゲストハウスで知り合い、
一緒にアンコールワットの朝焼けツアーを見に行った仲だ。


KENさんはシェムリアップでじっくりと観光をするというので、
自分は一足先にバンコクにやってきた。
夜遊びしつつ時間を潰し、数日後にバンコクにやってきたKENさんと
合流したという流れだった。
歳が近いこととお互い退職しての旅ということで親和性が高かった。
お金に余裕がない身分同士というのもあって気が合った。



タイ国鉄の始発駅はファランポーン駅。
カオサンからは15番の赤バス、7バーツ45分くらいで行くことができる。
15番のバスは環状バスで途中で一度乗り換えることになるので注意。
乗り換えの停留所にはたいてい代わりのバスが停まっているので
スムーズに乗り換えれる。
タクシーだと100バーツくらいだ。


DSCF2894.jpg
ファランポーン駅。
カンボジア、マレーシア、ラオス各方面に鉄道が延びている。
DSCF2893.jpg
チケットカウンター。左隅のカウンターは外国人対応ということで英語が通じる。
普通3等車のチケットを購入。アユタヤまでは15バーツ(45円)。
本当ならばその日のバンコクからノーンカイまで行ける深夜列車も取る予定だった・・
が、当日分は売り切れ。しぶしぶ翌日の分を購入した。



後日マレーシアに行くチケットを購入しようとしたら、
同様に当日分は売り切れていた。
基本的には夜行便を当日取るのは無理のようだ。


話を戻す。
DSCF2904.jpg
ファランポーン駅のプラットホーム
ホームナンバーの下にどこに行く列車か表示されているので
どれに乗るのかはすぐにわかる。
心配ならパッセンジャーサービス係がいるので確認しても良い。

DSCF2905.jpg
アユタヤ行きのボロ列車。情趣が合っていいよね!

DSCF2912.jpg
3等車のシート。木です。もちろんカチカチ。
アユタヤに着く頃には尻が痛くなること請け合い。
シートは半分くらい埋まってる感じだった。
弁当やら飲み物やらの物売りが発車までしょっちゅう行きかっていた。
DSCF2908.jpg


DSCF2914.jpg
走行中外を眺める。線路は人を運ぶだけでなく、
人の生活の場にもなっていた。



9時過ぎ発の列車に乗り、11時頃に到着するはずだった。
10時頃のこと。途中の駅で停まったかと思ったら、
なぜか全ての客が降り、別の列車に乗り換えだした。
近くにいたおばちゃんに尋ねてもタイ語しか話してくれないから
わけがわからない。
乗務員に尋ねても流暢過ぎる英語で理解できない。
言葉の端々から故障したから乗り換えろといってるのがわかった。
しょうがなく後続の列車に乗り換える。
後続の列車に乗り、しばらくしたら乗務員が検札に来た。
持ってたチケットを確認し、そしてこう言った。
「これは普通用のチケットだ。この列車は急行だから後5バーツ払え」


いやいや、列車が故障したから乗り換えたのであって、
そっちの責任なのになんで金払わなければならんのよ!







もちろんそんなこと英語で言えるわけもなく、
渋々払うことにした。まぁ、5バーツのことなんだけどね・・・
噴飯やるかたない思いを抱えてアユタヤ到着を待った。
DSCF2916.jpg

DSCF2918.jpg

アユタヤ駅。結局12時過ぎに到着した。
この程度の遅れで済んだのならまぁ良しとしよう。
さてどうするかとKENさんが地球の歩き方を開いたら、
流暢に日本語を操るおばちゃんが近寄ってきた。
観光トゥクトゥクの客引きだった。
アユタヤの各遺跡は距離が離れており、徒歩で移動するにはちょっときつい。
レンタサイクルなどもないようなので、必然的にトゥクトゥクを使うことになる。


アユタヤの名所を半日観光、二人で1000バーツ(3000円)というオファー。
おばちゃん「この値段は日本人だけのスペシャルプライスよ!」
なんておばちゃんは力説していたが
近くにいた別の客引きのおっさんにそっちはどうだと声をかけたら
値下げ合戦が始まった。

おっさん「俺なら二人で900バーツだがどうだ!」
おばちゃん「待ってならこっちは800バーツよ!」
おっさん「いやいやなら750で・・・」
おばちゃん「キー!こっちは700よ!」
「まだ高いや。おーいそっちの客引きはいくら!?」

と、KENさんは別の客引きも引き込んでさらに競争は過熱した・・・
KENさんはできる人だった。
結局一人250バーツずつ。
計500バーツ(1500円)のおばちゃんの提示に乗ることにした。
ガイドに引き合わせおばちゃんは去っていった。
おばちゃんは紹介料を取るのが目的だったようだ。
というわけでアユタヤ観光のお膳立ては整った。
観光についてはまた次回。


例のコレ。



↓ポチオナシャスッ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2012/02/04 18:00】 | タイ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。