2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!




ちょっと気になる記事を見つけたので紹介します。
バックパッカーにとって一番なじみがある街は、タイバンコク・カオサンだと思います。
今まではカオサンとタイのスワンナプーム国際空港をダイレクトで結ぶエアポートエクスプレスというバスがあったのですが、
なんと2011年5月31日をもって廃止になったそうです。
スワンナプーム空港バンコク首都圏内の主要な地区を結んでいた高級路線バス「エアポートエクスプレス」が、
>5月31日限りで運行を終了したことが明らかになりました。

>1990年代から2000年代前半にかけて、ドンムアン空港を発着する『エアポートバス』の名前で営業していたのが走りで、
>2006年9月の国際線移転に合わせ、スワンナプーム空港発着となり愛称も現在のエアポートエクスプレスに変わりました。
>しかし、運賃が片道150バーツ(スワンナプーム空港に入る公団急行バスの4倍)と高いこともあり、
>BTSから離れた地域と空港を直結する[AE2]カオサン線以外は軒並み不採算となっていて、
>特に[AE4]ファランポーン駅線は2時間に1本の運行にもかかわらず乗客がほとんどいませんでした。
>2010年8月のエアポートリンク開業後は、エアポートリンクがBTSと直結したこともあって
>[AE1]シーロム線の採算も極度に悪化。カオサン線の黒字で他路線の赤字を埋め合わせるビジネスモデルが崩壊するほどの赤字を垂れ流すようになり、
>トンブリグループではAOT(空港公社)とも協議の結果、
>「エアポートリンクの登場で大型バスを使用するエアポートバスの使命は終わった」

>と判断。5月31日限りで運転を打ち切る決定をしました。

> [AE2]カオサン線は欧米からの旅行者を中心にある程度の需要があったため、
>廃止によって深刻な影響を受ける人が少なくありません。エアポートリンクでパヤタイ駅に出ても
>そこからバスやタクシーを使わないとカオサンには行けません。公団バスの[556]もありましたが、
>エアポートリンク開業後はマッカサン駅発着に変更されている(前記事「[556]が空港まで行かなくなった」参照)ため、
>エアポートリンクに乗るかタクシーを飛ばさないとカオサンに直行で行けなくなってしまいます。
>特にエアポートリンクの終電が出てしまう深夜12時以降に日本や中国などから到着する深夜便のお客様の場合、
>タクシー以外に事実上選択肢がなくなります。

http://supportasia.blogspot.com/2011/06/blog-post.html?m=0
以上↑の記事より引用。

つまりカオサン線は需要があったけど他の路線が採算取れないために道連れの形で廃止になったということらしいです。
いやー自分もカオサンストリートからスワンナプームに行くときに利用したことがあるのでわかるんですが、
この路線はバックパッカーにすごい重宝されていたと思うんです。
タイの空港タクシー、最近はましになったといいますがまだまだボッタクリの被害が多いと聞きます。
旅の初心者には空港からその日の宿に移動することは結構な関門だったりするわけで、
それを安全に、快適に150バーツ(約450円)でカオサンまで連れて行ってくれるのです。
これほどありがたい交通機関はありません。
今後はスワンナプームとバンコクを結ぶ電車、エアポートリンクでパヤタイ駅まで行ってそこから
タクシーに乗り継がねばならないようです。メンドクセー。
もっとも、カオサンストリートのトラベルエージェンシーのほとんどがカオサン→スワンナプーム空港行きの
ミニバスを150~200バーツで走らせていましたので、空港に行く方には問題がないと思います。
ただスワンナプーム空港→カオサンはあるのかな?たぶんないだろうな。
実質的にカオサンが一歩遠のいたな。


いつかは知りませんが、噂ではバンコク市内を走る地下鉄が拡張され、カオサンも通るようになるとのこと。
すばやいインフラ整備を望みます。

DSCF4743.jpg
カオサンのエアポートエクスプレス乗り場便数も多く利用しやすかった。

DSCF4744.jpg
車内には大きな荷物棚もあり、利用しやすかった。


読んでいただきありがとうございます。最後にぜひ↓1ポチお願いします!励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周


追記を閉じる▲
スワンナプーム空港バンコク首都圏内の主要な地区を結んでいた高級路線バス「エアポートエクスプレス」が、
>5月31日限りで運行を終了したことが明らかになりました。

>1990年代から2000年代前半にかけて、ドンムアン空港を発着する『エアポートバス』の名前で営業していたのが走りで、
>2006年9月の国際線移転に合わせ、スワンナプーム空港発着となり愛称も現在のエアポートエクスプレスに変わりました。
>しかし、運賃が片道150バーツ(スワンナプーム空港に入る公団急行バスの4倍)と高いこともあり、
>BTSから離れた地域と空港を直結する[AE2]カオサン線以外は軒並み不採算となっていて、
>特に[AE4]ファランポーン駅線は2時間に1本の運行にもかかわらず乗客がほとんどいませんでした。
>2010年8月のエアポートリンク開業後は、エアポートリンクがBTSと直結したこともあって
>[AE1]シーロム線の採算も極度に悪化。カオサン線の黒字で他路線の赤字を埋め合わせるビジネスモデルが崩壊するほどの赤字を垂れ流すようになり、
>トンブリグループではAOT(空港公社)とも協議の結果、
>「エアポートリンクの登場で大型バスを使用するエアポートバスの使命は終わった」

>と判断。5月31日限りで運転を打ち切る決定をしました。

> [AE2]カオサン線は欧米からの旅行者を中心にある程度の需要があったため、
>廃止によって深刻な影響を受ける人が少なくありません。エアポートリンクでパヤタイ駅に出ても
>そこからバスやタクシーを使わないとカオサンには行けません。公団バスの[556]もありましたが、
>エアポートリンク開業後はマッカサン駅発着に変更されている(前記事「[556]が空港まで行かなくなった」参照)ため、
>エアポートリンクに乗るかタクシーを飛ばさないとカオサンに直行で行けなくなってしまいます。
>特にエアポートリンクの終電が出てしまう深夜12時以降に日本や中国などから到着する深夜便のお客様の場合、
>タクシー以外に事実上選択肢がなくなります。

http://supportasia.blogspot.com/2011/06/blog-post.html?m=0
以上↑の記事より引用。

つまりカオサン線は需要があったけど他の路線が採算取れないために道連れの形で廃止になったということらしいです。
いやー自分もカオサンストリートからスワンナプームに行くときに利用したことがあるのでわかるんですが、
この路線はバックパッカーにすごい重宝されていたと思うんです。
タイの空港タクシー、最近はましになったといいますがまだまだボッタクリの被害が多いと聞きます。
旅の初心者には空港からその日の宿に移動することは結構な関門だったりするわけで、
それを安全に、快適に150バーツ(約450円)でカオサンまで連れて行ってくれるのです。
これほどありがたい交通機関はありません。
今後はスワンナプームとバンコクを結ぶ電車、エアポートリンクでパヤタイ駅まで行ってそこから
タクシーに乗り継がねばならないようです。メンドクセー。
もっとも、カオサンストリートのトラベルエージェンシーのほとんどがカオサン→スワンナプーム空港行きの
ミニバスを150~200バーツで走らせていましたので、空港に行く方には問題がないと思います。
ただスワンナプーム空港→カオサンはあるのかな?たぶんないだろうな。
実質的にカオサンが一歩遠のいたな。


いつかは知りませんが、噂ではバンコク市内を走る地下鉄が拡張され、カオサンも通るようになるとのこと。
すばやいインフラ整備を望みます。

DSCF4743.jpg
カオサンのエアポートエクスプレス乗り場便数も多く利用しやすかった。

DSCF4744.jpg
車内には大きな荷物棚もあり、利用しやすかった。


読んでいただきありがとうございます。最後にぜひ↓1ポチお願いします!励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

【2011/06/07 22:45】 | タイ
トラックバック(0) |

エアポートエクスプレス・・・
eiji
はじめましてのコメントです。ブログ村の記事欄を何気なく見ていたらエアポートエクスプレスがなくなるという記事が目に入って・・・空港のチケット売り場のおかまちゃんとかも首なんですかね~
・・・残念です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
エアポートエクスプレス・・・
はじめましてのコメントです。ブログ村の記事欄を何気なく見ていたらエアポートエクスプレスがなくなるという記事が目に入って・・・空港のチケット売り場のおかまちゃんとかも首なんですかね~
・・・残念です。
2011/06/08(Wed) 05:23 | URL  | eiji #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。