2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェムリアップに何しに来たか?もちろんアンコールワット遺跡群を見るためである。
タケオゲストハウスではトゥクトゥクや車の手配も可能だが、自転車も貸してくれる。
遺跡群まで一緒に行ってくれる人が見つからなかった場合や、
一人で行きたい、もしくは貧乏旅行者は自転車を使おう。
誰かと一緒に行くならトゥクトゥク等で送ってもらうのが楽でよいが、
こちとら貧乏旅行中。一人で活動する時はできるだけ出費は抑えたい。

というわけで自転車で行ってみた。
タケオゲストハウスのレンタルサイクルは1日1ドルor2ドル。
2ドルの自転車のほうが当然品質はいい。
しかし1ドルの方でもボロいが特に支障はなく走る。
ブレーキやタイヤ等借り受ける前にしっかりと点検して納得の上で借りよう。
チェーンも貸してくれるので必ず使うように。盗難の発生率は高いようだ。

ゲストハウスから遺跡群までは約7㌔。行きかたはとても簡単で、
ゲストハウスの前の大通りを東に向かって走りロイヤルガーデンまで行き、
シェムリアップ川にかかる橋の手前で左折。あとはひたすらまっすぐ走るだけ。
一人でノンストップで走れば40分くらいでたどり着く。
道を間違えないか心配?あなたが遺跡に向かう横を観光客を乗せた
トゥクトゥクやバスが通り抜けているならその道で正しいはず。

ホテルやスーパーが並ぶ市街地を抜けると森の中の一本道を走ることになる。
DSCF2333.jpg

カンボジアにしてはやたらと綺麗なアスファルト道。流石アンコールワットへ続く道。
カンボジアではこれだけでも珍しいのだから面白い。

DSCF2332.jpg
しばらくするとチケット売り場とチェックゲートが右手に見えてくる。
そこでチケットを買うことになるのだが、どのチケットを買うかが一つの問題となる。

遺跡群へのチケットはいくつかある。
1日券 20ドル
3日券 40ドル
7日券 60ドル

ご覧の通り、はっきり言って高い
一食当たり2ドルも出せば満腹になるまで飯が食えるこの国でのこの価格。
さすがカンボジア唯一屈指の観光地である。
ここまで来たからには行かざる負えないという旅行者の弱みをついてのぼったくり。
観光産業ってのは儲かるもんだ。


話を戻して、どのチケットを買うか。
アンコールワット、バイヨン等有名どころを駆け足でまわるというなら、
1日でもどうにか回りきれると思う。
しかしながら全て見ようと思うと1日ではとても足らない。
かといって歴史に詳しい人でもない限り7日も遺跡群を見るのは飽きると思う。
私のようなアンコールワットに興味があるけど特別な思い入れがない人間には、
3日券が丁度いいのではないだろうか。
3日券には3日連続券一週間の内3日券とがある。
違いはその名の通り。一週間の内3日券で3日連続通っても問題はないが、
3日連続券では逆のことはできないので要注意だ。
なぜ連続券などという無駄なものがあるのか正直理解できないが、
これ、英語のできない観光客を引っ掛けようということなのだろうか。
ちなみに7日券にも連続券と1月以内の7日券があるらしいが、
私自身は確認していないので、必要な人は現地で確認してほしい。

チケット購入時、その場で顔写真を撮られ、チケットに印刷されてしまう。
チケット紛失時には役に立つかもしれないが、本音は転売防止のためであろう。
アンコールワット各遺跡でチェックが実施されているので、転売はまずバレる。
こういうところは遺跡の品位を汚すような姑息さを感じるので止めればいいのに。


そんなことを考えつつチケットを購入。ハサミを入れてもらい再び走り出した。
森の中を走る。車さえ通らなければ静かなものだ。
森を抜けたら、大きなT字路に突き当たった。どうやら遺跡を囲むお堀のようだ。
どの車も左に曲がっている。それについていく。


DSCF2334.jpg


DSCF2335.jpg
だんだんと遺跡が見えてきた!


というわけでアンコールワットにたどり着いた。
遺跡の前の広場は駐車場兼駐輪場兼売店になっていた。
売り子が、ガキからおっさんまでワラワラと寄ってくる。
自転車ならここに停めろ一日停めてたった5ドル
水食べ物はあるかバナナと2Lペットボトルで5ドルでどうだ
俺が一日トゥクトゥクでガイドするぞ30ドルでどうだ
以上全てボッタクリ価格である。
1リットルの水は街で買えば1ドル、ガイドも1日10ドルくらいで頼むことができる。
華麗にスルーして駐輪場所を探した。
広場の隅でスキンヘッドのいかつい白人がタダで停めていたのでその横に停めた。
目が合ったので挨拶したらニカっといい笑顔を返してくれた。
いかつい奴でもいい奴が多いのが旅人である。

DSCF2336.jpg
さて、いよいよ遺跡に入るぞ!ってとこでまた次回。


読んでいただきありがとうございます。最後にぜひ↓1ポチ!
最近ランクダウン気味。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!



追記を閉じる▲
タケオゲストハウスのレンタルサイクルは1日1ドルor2ドル。
2ドルの自転車のほうが当然品質はいい。
しかし1ドルの方でもボロいが特に支障はなく走る。
ブレーキやタイヤ等借り受ける前にしっかりと点検して納得の上で借りよう。
チェーンも貸してくれるので必ず使うように。盗難の発生率は高いようだ。

ゲストハウスから遺跡群までは約7㌔。行きかたはとても簡単で、
ゲストハウスの前の大通りを東に向かって走りロイヤルガーデンまで行き、
シェムリアップ川にかかる橋の手前で左折。あとはひたすらまっすぐ走るだけ。
一人でノンストップで走れば40分くらいでたどり着く。
道を間違えないか心配?あなたが遺跡に向かう横を観光客を乗せた
トゥクトゥクやバスが通り抜けているならその道で正しいはず。

ホテルやスーパーが並ぶ市街地を抜けると森の中の一本道を走ることになる。
DSCF2333.jpg

カンボジアにしてはやたらと綺麗なアスファルト道。流石アンコールワットへ続く道。
カンボジアではこれだけでも珍しいのだから面白い。

DSCF2332.jpg
しばらくするとチケット売り場とチェックゲートが右手に見えてくる。
そこでチケットを買うことになるのだが、どのチケットを買うかが一つの問題となる。

遺跡群へのチケットはいくつかある。
1日券 20ドル
3日券 40ドル
7日券 60ドル

ご覧の通り、はっきり言って高い
一食当たり2ドルも出せば満腹になるまで飯が食えるこの国でのこの価格。
さすがカンボジア唯一屈指の観光地である。
ここまで来たからには行かざる負えないという旅行者の弱みをついてのぼったくり。
観光産業ってのは儲かるもんだ。


話を戻して、どのチケットを買うか。
アンコールワット、バイヨン等有名どころを駆け足でまわるというなら、
1日でもどうにか回りきれると思う。
しかしながら全て見ようと思うと1日ではとても足らない。
かといって歴史に詳しい人でもない限り7日も遺跡群を見るのは飽きると思う。
私のようなアンコールワットに興味があるけど特別な思い入れがない人間には、
3日券が丁度いいのではないだろうか。
3日券には3日連続券一週間の内3日券とがある。
違いはその名の通り。一週間の内3日券で3日連続通っても問題はないが、
3日連続券では逆のことはできないので要注意だ。
なぜ連続券などという無駄なものがあるのか正直理解できないが、
これ、英語のできない観光客を引っ掛けようということなのだろうか。
ちなみに7日券にも連続券と1月以内の7日券があるらしいが、
私自身は確認していないので、必要な人は現地で確認してほしい。

チケット購入時、その場で顔写真を撮られ、チケットに印刷されてしまう。
チケット紛失時には役に立つかもしれないが、本音は転売防止のためであろう。
アンコールワット各遺跡でチェックが実施されているので、転売はまずバレる。
こういうところは遺跡の品位を汚すような姑息さを感じるので止めればいいのに。


そんなことを考えつつチケットを購入。ハサミを入れてもらい再び走り出した。
森の中を走る。車さえ通らなければ静かなものだ。
森を抜けたら、大きなT字路に突き当たった。どうやら遺跡を囲むお堀のようだ。
どの車も左に曲がっている。それについていく。


DSCF2334.jpg


DSCF2335.jpg
だんだんと遺跡が見えてきた!


というわけでアンコールワットにたどり着いた。
遺跡の前の広場は駐車場兼駐輪場兼売店になっていた。
売り子が、ガキからおっさんまでワラワラと寄ってくる。
自転車ならここに停めろ一日停めてたった5ドル
水食べ物はあるかバナナと2Lペットボトルで5ドルでどうだ
俺が一日トゥクトゥクでガイドするぞ30ドルでどうだ
以上全てボッタクリ価格である。
1リットルの水は街で買えば1ドル、ガイドも1日10ドルくらいで頼むことができる。
華麗にスルーして駐輪場所を探した。
広場の隅でスキンヘッドのいかつい白人がタダで停めていたのでその横に停めた。
目が合ったので挨拶したらニカっといい笑顔を返してくれた。
いかつい奴でもいい奴が多いのが旅人である。

DSCF2336.jpg
さて、いよいよ遺跡に入るぞ!ってとこでまた次回。


読んでいただきありがとうございます。最後にぜひ↓1ポチ!
最近ランクダウン気味。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!


【2011/07/12 22:10】 | カンボジア
トラックバック(0) |


あぃ
「3日連続券と一週間の内3日券」
これ知らなかった!
良い情報サンキュ!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「3日連続券と一週間の内3日券」
これ知らなかった!
良い情報サンキュ!
2011/07/30(Sat) 10:54 | URL  | あぃ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。