2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルに偽りはない。本当に2.5ドルだった。
しかも0.5ドルはチップとして差し出したものだ。



髪が伸びてきたのが気になっていた。短髪が好きだが髪の伸びは早い。
日本にいる時はほぼ月1のペースで髪を切っていた。
旅に出て一月が過ぎようとしていた。
長髪は似合わないから嫌いだ。特に旅行中に伸ばすのは避けたかった。
いかにも「俺長期旅行してます(ドヤッ」ってスタイルには見られたくない。
なによりお手入れがめんどくさい。とにかく、髪を切りたかった。

だけど不安がある。しゃべりと値段交渉とオーダーだ。
店に入り、英語が通じなければそこでアウト。諦めて次に行く。
カットはいくら、パーマはいくら、値段は席に着く前に確認すればいいとして、
大変なのはヘアスタイルのオーダーだ。
自分の思い通りの髪型を伝えるのは実に難しいものだ。
日本にいるときですらやれ襟足はどうしろ揉み上げはこうしてくれ
長さはこんなもんにして・・・と微妙なニュアンスを伝えるのには苦労するだろう。
で、ヘアカタログを見せつつこうしてくれと頼むのが普通かと思う。

海外でも一緒なわけで、画を見せながらオーダーすればいいのだ。
というわけで日本にいる内にIpodに希望の髪型の画像を入れておいた。
ただしもちろん細かい要望は伝わらない。ある程度は諦めなければならない。
自分としては最低限長さの希望さへ伝わればよい。
どうせ短髪にするんだからね。思い通りにならなかったら坊主頭にしてしまおう。
そんな気持ちで臨んでみることにした。女性にはおすすめできない方法だけど。





東南アジアのどこでも床屋を見かける。都会には高級そうな美容院もある。
探せば日本語の通じる美容院もあるだろう。
ただしお値段は日本並みを覚悟しなければならないようだ。
今そういうとこは眼中にない。地元民相手の小汚いとこで十分だ。


シェムリアップの街をフラフラしながら床屋を探していた。
シェムリアップの街には結構床屋があるようだ。
大通りから一つ裏に入ってみればチラホラと見かける。
暇そうに新聞を読んでるおばちゃん、、、腕悪そうだからパス。
外をじっと見つめてるおっちゃん、、、入りにくいからパス。
フト見かけた床屋、ちょうど客が帰ったとこで掃除をしていた。
本田圭佑をコミカルにしたようなあんちゃんだった。
ここにしてみようとあんちゃんに声をかけてみた。

(注:実際は英語で話してます)
俺「ようあんちゃん、俺の髪切ってくれるかい?」
あ「もっちろーん!さぁ入って入って!」
陽気で簡単な英語が通じるあんちゃんだった。
店に入り、まず値段を聞いてみる。ここから先のやりとりはある意味衝撃的だった。

俺「ところであんちゃん、カットしてもらっていくらだい?」
あ「うーん、2$でどうだい?」
俺(うーん、、、20$か・・・)






確かにあんちゃんは2$と言い、自分の耳でも2$と聞いていた。
しかしながら頭ではなぜか20$と理解していた。
日本にいる時の感覚で値段を理解してしまったのだろう。
そして数秒で自分の間違いに気づき、激安価格を提示されたことに驚いた。

俺「え?2$!?」
あ「あ、い、いやもっと安くするよ!」
俺「えっ!?」
あ「えっ?」

あんちゃんはどうやら高めの価格を提示していたようだ。

こちらはもちろんあまりの安さに驚いたのだが。
2$で高めとは・・・現地民にはいくらで切ってるんだろうか。



で、切ってもらった。正確に言えば刈ってもらった。
バリカンでバーッと刈ってハサミでちょいと整えて。20分くらいで仕上がった。
思い通り・・・とは言えないけど、それなりにすっきりしたのでよしとしよう。
ちなみにシャンプーはない。すぐに宿に戻ってシャワーで頭を洗った。
あんちゃんには2$とチップで2000カンボジアリエル(0.5$)を渡した。
すごい喜んでくれた。いいお客だったんだろう。



DSCF2327.jpg
こんな感じになりました。




このことで味を占めて、その後月一で髪を切り続けることになる。
タイ、マレーシア、インド、ヨルダン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、
どこでもIpodの画像を見せながらこうしてくれと言ってればどうにかなった。
そしてどこも1000円以下だった。
細かい注文をつけることはそれなりに語学力がなければできないだろう。
でも単に短くするだけならQBカットよりも安い。
髪型に拘りがない人、チャレンジしてはいかが?



読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!
ランク上がっても更新意欲は大して変わらないwでも押して☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!


追記を閉じる▲
髪が伸びてきたのが気になっていた。短髪が好きだが髪の伸びは早い。
日本にいる時はほぼ月1のペースで髪を切っていた。
旅に出て一月が過ぎようとしていた。
長髪は似合わないから嫌いだ。特に旅行中に伸ばすのは避けたかった。
いかにも「俺長期旅行してます(ドヤッ」ってスタイルには見られたくない。
なによりお手入れがめんどくさい。とにかく、髪を切りたかった。

だけど不安がある。しゃべりと値段交渉とオーダーだ。
店に入り、英語が通じなければそこでアウト。諦めて次に行く。
カットはいくら、パーマはいくら、値段は席に着く前に確認すればいいとして、
大変なのはヘアスタイルのオーダーだ。
自分の思い通りの髪型を伝えるのは実に難しいものだ。
日本にいるときですらやれ襟足はどうしろ揉み上げはこうしてくれ
長さはこんなもんにして・・・と微妙なニュアンスを伝えるのには苦労するだろう。
で、ヘアカタログを見せつつこうしてくれと頼むのが普通かと思う。

海外でも一緒なわけで、画を見せながらオーダーすればいいのだ。
というわけで日本にいる内にIpodに希望の髪型の画像を入れておいた。
ただしもちろん細かい要望は伝わらない。ある程度は諦めなければならない。
自分としては最低限長さの希望さへ伝わればよい。
どうせ短髪にするんだからね。思い通りにならなかったら坊主頭にしてしまおう。
そんな気持ちで臨んでみることにした。女性にはおすすめできない方法だけど。





東南アジアのどこでも床屋を見かける。都会には高級そうな美容院もある。
探せば日本語の通じる美容院もあるだろう。
ただしお値段は日本並みを覚悟しなければならないようだ。
今そういうとこは眼中にない。地元民相手の小汚いとこで十分だ。


シェムリアップの街をフラフラしながら床屋を探していた。
シェムリアップの街には結構床屋があるようだ。
大通りから一つ裏に入ってみればチラホラと見かける。
暇そうに新聞を読んでるおばちゃん、、、腕悪そうだからパス。
外をじっと見つめてるおっちゃん、、、入りにくいからパス。
フト見かけた床屋、ちょうど客が帰ったとこで掃除をしていた。
本田圭佑をコミカルにしたようなあんちゃんだった。
ここにしてみようとあんちゃんに声をかけてみた。

(注:実際は英語で話してます)
俺「ようあんちゃん、俺の髪切ってくれるかい?」
あ「もっちろーん!さぁ入って入って!」
陽気で簡単な英語が通じるあんちゃんだった。
店に入り、まず値段を聞いてみる。ここから先のやりとりはある意味衝撃的だった。

俺「ところであんちゃん、カットしてもらっていくらだい?」
あ「うーん、2$でどうだい?」
俺(うーん、、、20$か・・・)






確かにあんちゃんは2$と言い、自分の耳でも2$と聞いていた。
しかしながら頭ではなぜか20$と理解していた。
日本にいる時の感覚で値段を理解してしまったのだろう。
そして数秒で自分の間違いに気づき、激安価格を提示されたことに驚いた。

俺「え?2$!?」
あ「あ、い、いやもっと安くするよ!」
俺「えっ!?」
あ「えっ?」

あんちゃんはどうやら高めの価格を提示していたようだ。

こちらはもちろんあまりの安さに驚いたのだが。
2$で高めとは・・・現地民にはいくらで切ってるんだろうか。



で、切ってもらった。正確に言えば刈ってもらった。
バリカンでバーッと刈ってハサミでちょいと整えて。20分くらいで仕上がった。
思い通り・・・とは言えないけど、それなりにすっきりしたのでよしとしよう。
ちなみにシャンプーはない。すぐに宿に戻ってシャワーで頭を洗った。
あんちゃんには2$とチップで2000カンボジアリエル(0.5$)を渡した。
すごい喜んでくれた。いいお客だったんだろう。



DSCF2327.jpg
こんな感じになりました。




このことで味を占めて、その後月一で髪を切り続けることになる。
タイ、マレーシア、インド、ヨルダン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、
どこでもIpodの画像を見せながらこうしてくれと言ってればどうにかなった。
そしてどこも1000円以下だった。
細かい注文をつけることはそれなりに語学力がなければできないだろう。
でも単に短くするだけならQBカットよりも安い。
髪型に拘りがない人、チャレンジしてはいかが?



読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!
ランク上がっても更新意欲は大して変わらないwでも押して☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!

【2011/07/22 20:30】 | カンボジア
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。