2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワットもしっかり見たし、カンボジアを楽しんだ。
そろそろ移動だ。次に行くのはタイの首都バンコク。
前の会社の同期から聞いていた。
「シェムリアップからバンコクの道は悪路だ」と。


彼は数年前にバックパックで旅したときに、この道を通ったらしい。
んでそのデコボコっぷりには閉口させられたと。
そんな話を聞くとできれば避けたいところだが、
アンコールワットを一緒に見てまわって仲良くなったケンさんも
後日バンコクに向かうという。日程は多少ずれるが
タイの後一緒にラオスに行こうという約束をしたので、
バンコクに行かねばならない。


しょうがない。悪路を体験したろか!


というわけで宿でバンコク行きのバスを手配してもらった。




翌朝7時、準備を整えチェックアウト。
オーナーのモムさんに7泊分14ドルを支払う。
・・・いや、わかってたけどこの安さはすげーわ。
この価格でやってくれてるモムさんには本当に感謝。
朝8時、トゥクトゥクのピックアップがやってきた。
隣の宿の日本人カップルと乗り合わせた。
これからバンコクのカオサンに向かうという。
自分の行き先とまったく同じだ。
バンコクは行ったことがあってもカオサンは未経験。
宿のこととか教えてくれと頼んだら快諾してくれた。

トゥクトゥクで五分ほどで集合場所へ。バスは待っていた。
DSCF2755.jpg

そんなにボロくはない。ツーリスト向けなのだろう。
徐々に他の旅行者が集まってきた。白人、中国人と様々だ。
どうでもいいが待っている間はエアコンをかけてくれない。
外はカンカン照りの陽射しである。30分ほどだけど汗だくになる。
客は皆汗ダラダラなのに運転手は知らん顔。こういうとこは日本と違うなー。


満席になったところでようやくエンジンが入って走り出す。
・・・・エアコン弱い。汗は止まらなかった。
見慣れたシェムリアップの街が流れ去っていく。
20分ほどで田舎風景になった。

DSCF2290.jpg

さぁこっからが大変なのか?悪路がなんぼのもんじゃい!こいやー!!!!



・・・






・・・



あれ?たいしたことなくね?
天井までジャンプするようなのを今か今かと待っていたが全然揺れないが無い。
もちろんカンボジアなんで日本みたいにまっ平らな道というわけじゃないが。
むしろプノンペン→シェムリアップの方がガタガタの道だった。


今か今かと覚悟してるうちに国境のアランヤプラテートについてしまった。
2,3時間ほどのことだった。悪路は無くなっていた。舗装されたのだろう。
助かった・・・と思う反面少し寂しい自分が変に思えた。

DSCF2757.jpg

DSCF2758.jpg

DSCF2759.jpg

アランヤプラテートはパッと見はなんてことの無い田舎町。
唯一気になったのはタイとカンボジアのイミグレの間にあるカジノだ。
カンボジア側が運営しているらしいのだが、こんなとこで勝負するやつなんているんかいな。
カンボジア側のイミグレもタイ側のイミグレもあっさりと通過した。
イミグレーションカードを書いて特に質問もされないままにスタンプを押してもらう。
毎度のことながら日本人であることのありがたさを実感。
タイのイミグレを出たところで足止めを食らった。
バンコクに向かうミニバスがまだ到着していないらしい。
イミグレ施設の外にある売店で待たされる羽目になった。
以前にタイ旅行に行ったときの余りのタイバーツでコーラを買って日陰で待った。
一体いつバスは来るんだろう。
永遠・・・ってことはないけど、待ってる間の時間の遅さよ。
タイ側の移動はまた次回。


読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!






追記を閉じる▲
彼は数年前にバックパックで旅したときに、この道を通ったらしい。
んでそのデコボコっぷりには閉口させられたと。
そんな話を聞くとできれば避けたいところだが、
アンコールワットを一緒に見てまわって仲良くなったケンさんも
後日バンコクに向かうという。日程は多少ずれるが
タイの後一緒にラオスに行こうという約束をしたので、
バンコクに行かねばならない。


しょうがない。悪路を体験したろか!


というわけで宿でバンコク行きのバスを手配してもらった。




翌朝7時、準備を整えチェックアウト。
オーナーのモムさんに7泊分14ドルを支払う。
・・・いや、わかってたけどこの安さはすげーわ。
この価格でやってくれてるモムさんには本当に感謝。
朝8時、トゥクトゥクのピックアップがやってきた。
隣の宿の日本人カップルと乗り合わせた。
これからバンコクのカオサンに向かうという。
自分の行き先とまったく同じだ。
バンコクは行ったことがあってもカオサンは未経験。
宿のこととか教えてくれと頼んだら快諾してくれた。

トゥクトゥクで五分ほどで集合場所へ。バスは待っていた。
DSCF2755.jpg

そんなにボロくはない。ツーリスト向けなのだろう。
徐々に他の旅行者が集まってきた。白人、中国人と様々だ。
どうでもいいが待っている間はエアコンをかけてくれない。
外はカンカン照りの陽射しである。30分ほどだけど汗だくになる。
客は皆汗ダラダラなのに運転手は知らん顔。こういうとこは日本と違うなー。


満席になったところでようやくエンジンが入って走り出す。
・・・・エアコン弱い。汗は止まらなかった。
見慣れたシェムリアップの街が流れ去っていく。
20分ほどで田舎風景になった。

DSCF2290.jpg

さぁこっからが大変なのか?悪路がなんぼのもんじゃい!こいやー!!!!



・・・






・・・



あれ?たいしたことなくね?
天井までジャンプするようなのを今か今かと待っていたが全然揺れないが無い。
もちろんカンボジアなんで日本みたいにまっ平らな道というわけじゃないが。
むしろプノンペン→シェムリアップの方がガタガタの道だった。


今か今かと覚悟してるうちに国境のアランヤプラテートについてしまった。
2,3時間ほどのことだった。悪路は無くなっていた。舗装されたのだろう。
助かった・・・と思う反面少し寂しい自分が変に思えた。

DSCF2757.jpg

DSCF2758.jpg

DSCF2759.jpg

アランヤプラテートはパッと見はなんてことの無い田舎町。
唯一気になったのはタイとカンボジアのイミグレの間にあるカジノだ。
カンボジア側が運営しているらしいのだが、こんなとこで勝負するやつなんているんかいな。
カンボジア側のイミグレもタイ側のイミグレもあっさりと通過した。
イミグレーションカードを書いて特に質問もされないままにスタンプを押してもらう。
毎度のことながら日本人であることのありがたさを実感。
タイのイミグレを出たところで足止めを食らった。
バンコクに向かうミニバスがまだ到着していないらしい。
イミグレ施設の外にある売店で待たされる羽目になった。
以前にタイ旅行に行ったときの余りのタイバーツでコーラを買って日陰で待った。
一体いつバスは来るんだろう。
永遠・・・ってことはないけど、待ってる間の時間の遅さよ。
タイ側の移動はまた次回。


読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!





【2011/08/08 20:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。