2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アランヤプラテートでカンボジアを出国し、タイへ入国を果たした。
しかしバンコク行きのバスを待つもいつまでたってもやってこない。
到着が遅れているようだ。
引率員にいつ来るんだと尋ねても「もうすぐだ!」としか言わない。
いつ来るかわからないものを待つのは辛いもんだ。
このままバスが来なかったらどうしようとか
同行している日本人カップル、トモさんとユキさんとダベりながら待った。
二人は会社の同僚で、バンコクを経由してプーケットに向かうらしい。
会社には3週間の休みを取って東南アジア周遊中だそうな。


懐の深い会社だ。そういうところに勤めてれば俺も会社を辞めずに済んだのに。


カオサンの宿についての話題になった。二人とも宿のあてはないが、
情報のあてはあるとのこと。
日本人が経営しているMPツアーという旅行代理店で教えてもらえるらしい。
そういえばアンコールワットを一緒に廻ったケンさんもここのことを話していた。

MPツアーが発行しているカオサン便利マップにはカオサン周辺の
宿情報がほぼ全て網羅されている。
そればかりでなはなく交通情報や防犯情報、
レストランにマッサージ屋などの情報も記載されており、
カオサン初体験者には本当にありがたい一枚となっている。
http://mp-tour.com/ HPからDLすることもできるのでぜひ一度閲覧してほしい。

そんなこんなで宿探しという「初めて行く街での最大の不安」が解消され、
気分はかなり楽になった。

1時間半くらい待たされ、ようやくミニバスがやってきた。
ミニバスといっても本当に小さいもので乗客は10人だがぎゅう詰め。
せまっ苦しくてしょうがない。
しかも前に座っていた白人カップルが延々とイチャついてるし。
既に一週間オO禁状態だった俺には目の毒だった。
ドミトリー生活の欠点、プライバシーがないこと。
健全な男の子はたまにはシングルに泊まりましょう。

外に目を向けるとカンボジアに比べて建物や看板が明らかに増えていた。
国境を越えただけで雰囲気もガラッと変わった。
タイとカンボジアの国力の差が目に見えて伝わってきた。
そして走っている道路はずーっとアスファルトである。
途中から高速道のような道を通っているし。このインフラの整い具合は素敵だった。




途中ガソリンスタンドで休みつつ、3時間程でバンコクに到着した。16時頃だった。
ゴミゴミした道端で降ろされたが、歩いて10分ほどのところがカオサンだという。
意気揚々と歩いていき、カオサンストリートに入った。
周りはバックパッカーだらけ。この周辺はタイでもかなり異色な地域なんだろう。


MPツアーを発見。カオサン便利マップをいただき、
カオサン周辺のことを教えてもらった。
トモさんユキさんはプーケット行きのバスについて質問していた。


3人で話した結果、ユキさんの「静かな宿に泊まりたい」という意見を聞きいれ、
その日はカオサンはずれのPeachyというゲストハウスに泊まることにした。
トモさんの知り合いが泊まってよかったそうな。
MPツアーから15分ほど歩いてゲストハウスへ。
交渉するとエアコン付のシングルルームが150バーツ(450円)という。
これなら安いということで即決した。荷物を下ろして外へ。
考えてみれば昼飯を食べていなかった。すきっ腹は限界を迎えていた。

何でもいいからとカオサンの裏通り、ランブトリ通りのレストランに飛び込んだ。

DSCF2762.jpg
まずはチャーンビアー55バーツ(165円)

DSCF2760.jpg
そしてカレー40バーツ(120円)。日本と違いサラッとしたルー。
辛すぎず甘すぎず、美味しくいただいた。


夜のカオサンはとてもにぎやか。
世界中から集まった各国の旅行者が、ビール片手に通りを練り歩き騒いでいる。
この雰囲気に魅せられる人は多いと聞いていたがその通りだった。
この街が気に入った。


両替をし、セブンイレブンでビールとつまみを買い込み、宿に戻った。

エアコンを利かせてシャワーを浴び、PCをつけた時、
はたとこの宿の欠陥に気づいた。
おいおいマジかよ・・・明日には宿を変えようと決めた。

宿についてはまた次回。


読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!




追記を閉じる▲
このままバスが来なかったらどうしようとか
同行している日本人カップル、トモさんとユキさんとダベりながら待った。
二人は会社の同僚で、バンコクを経由してプーケットに向かうらしい。
会社には3週間の休みを取って東南アジア周遊中だそうな。


懐の深い会社だ。そういうところに勤めてれば俺も会社を辞めずに済んだのに。


カオサンの宿についての話題になった。二人とも宿のあてはないが、
情報のあてはあるとのこと。
日本人が経営しているMPツアーという旅行代理店で教えてもらえるらしい。
そういえばアンコールワットを一緒に廻ったケンさんもここのことを話していた。

MPツアーが発行しているカオサン便利マップにはカオサン周辺の
宿情報がほぼ全て網羅されている。
そればかりでなはなく交通情報や防犯情報、
レストランにマッサージ屋などの情報も記載されており、
カオサン初体験者には本当にありがたい一枚となっている。
http://mp-tour.com/ HPからDLすることもできるのでぜひ一度閲覧してほしい。

そんなこんなで宿探しという「初めて行く街での最大の不安」が解消され、
気分はかなり楽になった。

1時間半くらい待たされ、ようやくミニバスがやってきた。
ミニバスといっても本当に小さいもので乗客は10人だがぎゅう詰め。
せまっ苦しくてしょうがない。
しかも前に座っていた白人カップルが延々とイチャついてるし。
既に一週間オO禁状態だった俺には目の毒だった。
ドミトリー生活の欠点、プライバシーがないこと。
健全な男の子はたまにはシングルに泊まりましょう。

外に目を向けるとカンボジアに比べて建物や看板が明らかに増えていた。
国境を越えただけで雰囲気もガラッと変わった。
タイとカンボジアの国力の差が目に見えて伝わってきた。
そして走っている道路はずーっとアスファルトである。
途中から高速道のような道を通っているし。このインフラの整い具合は素敵だった。




途中ガソリンスタンドで休みつつ、3時間程でバンコクに到着した。16時頃だった。
ゴミゴミした道端で降ろされたが、歩いて10分ほどのところがカオサンだという。
意気揚々と歩いていき、カオサンストリートに入った。
周りはバックパッカーだらけ。この周辺はタイでもかなり異色な地域なんだろう。


MPツアーを発見。カオサン便利マップをいただき、
カオサン周辺のことを教えてもらった。
トモさんユキさんはプーケット行きのバスについて質問していた。


3人で話した結果、ユキさんの「静かな宿に泊まりたい」という意見を聞きいれ、
その日はカオサンはずれのPeachyというゲストハウスに泊まることにした。
トモさんの知り合いが泊まってよかったそうな。
MPツアーから15分ほど歩いてゲストハウスへ。
交渉するとエアコン付のシングルルームが150バーツ(450円)という。
これなら安いということで即決した。荷物を下ろして外へ。
考えてみれば昼飯を食べていなかった。すきっ腹は限界を迎えていた。

何でもいいからとカオサンの裏通り、ランブトリ通りのレストランに飛び込んだ。

DSCF2762.jpg
まずはチャーンビアー55バーツ(165円)

DSCF2760.jpg
そしてカレー40バーツ(120円)。日本と違いサラッとしたルー。
辛すぎず甘すぎず、美味しくいただいた。


夜のカオサンはとてもにぎやか。
世界中から集まった各国の旅行者が、ビール片手に通りを練り歩き騒いでいる。
この雰囲気に魅せられる人は多いと聞いていたがその通りだった。
この街が気に入った。


両替をし、セブンイレブンでビールとつまみを買い込み、宿に戻った。

エアコンを利かせてシャワーを浴び、PCをつけた時、
はたとこの宿の欠陥に気づいた。
おいおいマジかよ・・・明日には宿を変えようと決めた。

宿についてはまた次回。


読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!



【2011/08/17 21:30】 | タイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。