2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peachyゲストハウスで一泊した翌朝、
さっそく新しい宿を探すことになった。
プーケットに行くトモさんとユキさんとはここでお別れ。
一日一緒になっただけだが名残惜しいものだ。
無事に日本に戻られたのだろうか。

宿を探すといってもトモさんが以前泊まったというお勧めを聞いていた。
それがグリーンハウス(Green House)だった。



GreenHouseカオサンの一つ裏通りにあたる、
banglampoo通りにあるゲストハウスだ。
客はほとんど白人、たまに中国人・韓国人まれに日本人といったところ。
英語もきちんと通じるし、レストラン、トラベルエージェンシーも運営している。
wifiもフリーで使わせてくれる。(動画はちょいと辛いがHP更新には問題なかった)
毎晩1階のレストランでは白人ミュージシャンによるライブが行われている。
ミュージックチャージフリーなので音楽を聴きつつまったりするには最適だ。

たまたま空きがあったのですぐにチェックインできたが、
けっこう人気があるようでこの後2組くらい満室で入れなかったのを見た。
ファン付シングルルームで260バーツ(780円)と若干高めながら、
設備にもスタッフにも特に外れはないので「チョイスに困ったらグリーンハウス」
と考えれば良いのではないだろうか。

DSCF3810.jpg
泊まったシングルルーム。トイレシャワーはセパレートだが、共有の部屋もある。
ホットシャワーはぬるいがそれなりに勢いはあったので満足。

1階のレストランスペースではwifiが使えるので重宝した。
コンセントも使ってOKなのでノートPCを持った旅行者で賑わっていた。

DSCF3808.jpg

もちろん私もビール(100円くらい)をちびちびやりつつね。


ここまでならカオサンの優等生的ゲストハウスではあるが、
ちょっと気になるところもあるので書き記す。

まず、夜はうるさい
なにしろカオサンエリアのど真ん中である。近くのクラブだかCDショップだかから
盛大なクラブミュージックが聞こえてくる。
自分の場合は大抵酒飲んで酔っ払ってバタンキューが多かったので、
あまり気にはならなかったが、隣の部屋の中国人シン君は毎晩うるさかったようで
だいぶイラついていたようだ。



それからフロントにいるメガネの男性スタッフに注意
この宿は基本的に宿泊費は前払いで払う毎にレシートを受け取るのだが、
このメガネ君はチェックアウト時に必ずレシートを提示しろと要求してきた。
もちろんその手のものは必ず保管していたのでその都度提示していたが、
出す度に若干残念そうな顔をしているのである。
(ちなみに私はこの旅で3回チェックイン、チェックアウトをしていた)
確証は無いが、あれはレシートが無い客に難癖つけて金を払わせようとしていたのではなかろうか。
メガネ君以外のスタッフの時はレシートの提示を求められなかったので、
この男のみがこんなことをしているのであろう。
一応注意してもらいたい。



ここと後日移る事になるサクラゲストハウスがカオサンでは常宿だった。
再びカオサンに戻ったら、また行きたいと思う。




読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!




追記を閉じる▲

GreenHouseカオサンの一つ裏通りにあたる、
banglampoo通りにあるゲストハウスだ。
客はほとんど白人、たまに中国人・韓国人まれに日本人といったところ。
英語もきちんと通じるし、レストラン、トラベルエージェンシーも運営している。
wifiもフリーで使わせてくれる。(動画はちょいと辛いがHP更新には問題なかった)
毎晩1階のレストランでは白人ミュージシャンによるライブが行われている。
ミュージックチャージフリーなので音楽を聴きつつまったりするには最適だ。

たまたま空きがあったのですぐにチェックインできたが、
けっこう人気があるようでこの後2組くらい満室で入れなかったのを見た。
ファン付シングルルームで260バーツ(780円)と若干高めながら、
設備にもスタッフにも特に外れはないので「チョイスに困ったらグリーンハウス」
と考えれば良いのではないだろうか。

DSCF3810.jpg
泊まったシングルルーム。トイレシャワーはセパレートだが、共有の部屋もある。
ホットシャワーはぬるいがそれなりに勢いはあったので満足。

1階のレストランスペースではwifiが使えるので重宝した。
コンセントも使ってOKなのでノートPCを持った旅行者で賑わっていた。

DSCF3808.jpg

もちろん私もビール(100円くらい)をちびちびやりつつね。


ここまでならカオサンの優等生的ゲストハウスではあるが、
ちょっと気になるところもあるので書き記す。

まず、夜はうるさい
なにしろカオサンエリアのど真ん中である。近くのクラブだかCDショップだかから
盛大なクラブミュージックが聞こえてくる。
自分の場合は大抵酒飲んで酔っ払ってバタンキューが多かったので、
あまり気にはならなかったが、隣の部屋の中国人シン君は毎晩うるさかったようで
だいぶイラついていたようだ。



それからフロントにいるメガネの男性スタッフに注意
この宿は基本的に宿泊費は前払いで払う毎にレシートを受け取るのだが、
このメガネ君はチェックアウト時に必ずレシートを提示しろと要求してきた。
もちろんその手のものは必ず保管していたのでその都度提示していたが、
出す度に若干残念そうな顔をしているのである。
(ちなみに私はこの旅で3回チェックイン、チェックアウトをしていた)
確証は無いが、あれはレシートが無い客に難癖つけて金を払わせようとしていたのではなかろうか。
メガネ君以外のスタッフの時はレシートの提示を求められなかったので、
この男のみがこんなことをしているのであろう。
一応注意してもらいたい。



ここと後日移る事になるサクラゲストハウスがカオサンでは常宿だった。
再びカオサンに戻ったら、また行きたいと思う。




読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!



【2011/08/22 21:15】 | タイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。