2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前他の記事でちょろっと触れたが、フィリピンには優秀なホステルが少ない。
島国であるためにバックパッカーが他の東南アジア各国よりも少ないからであろう。
パッカーが少なければ、パッカーに向けたサービスも少ないわけで、
フィリピンには「ここだ!」という安宿がなかった。
しかし、ここ数年、世界的にゲストハウスが林立してきた背景もあり、
フィリピンにもようやくゲストハウスが増えてきた。
セブパシフィック、エアアジアなどLCCの台頭で
フィリピンへの足が安くなったことも影響しているのだろう。
そんな中で私がマニラで2ヶ月近く滞在した宿を紹介したい。
「Where 2 Next」ホステルだ。

IMG_0350.jpg

フィリピン出発前のこと。フィリピンには良い宿がないと聞いていたので、
半ば諦め気分でホステルワールドを探していた。
今回の訪比の目的は2ヶ月間の短期英語留学。
世界一周のときのように一箇所の滞在は長くて1週間というわけにはいかない。
居心地がよく便利で安いホステルに長く滞在したいと考えていた。
アパートを借りる手もあったのだが、ホステルを選んだ。
理由は簡単。話さざるおえないからだ。

安ホステル、それもドミトリーだと当然のごとく集団生活となる。
そしてもちろん話す言葉は英語だ。
嫌でも英語を話さなければならない環境なら英語力も多少は伸びるだろう・・・
という目論みがあったからホステルを選んだ。

そして長く生活する上で欠かせないと考えたのが以下の要素だ。
・便利な場所にある
・wifiフリー
・エアコン完備
・ホットシャワーつき
・朝食付き
・キッチンあり
・スタッフがフレンドリー
・清掃が行き届いている


夜遊びしたいし語学学校への通学を考えると便利なとこに住んでいたいし、
このご時世、インターネットなしでの海外生活は考えられないし、
年中暑いフィリピンでエアコンは欠かせないし、
いくら暑くても水シャワーだけでは体の汚れを落とせないし、
毎日朝飯を作るのも外に食べに行くのもめんどくさいし、
現地料理ばかりでは飽きるので自炊できる設備が必要だし、
毎日顔を合わせるスタッフは当然いい奴でないと困るし、
汚い宿はありえない。
以上の要素をを求め、行き着いたのが「Where 2 Next」だった。
2011年9月にオープンしたばかりの綺麗なホステルだ。
http://www.where2nexthostel.com/

場所はマニラの中でも歓楽街として有名なマラテ地区にある。


大きな地図で見る

歓楽街ということでそこら中にKTV(いわゆるフィリピンパブ)があるし、
売春カフェとして有名なManila Bay Cafeも徒歩20分ほど。
生活の面で言えばスーパーマーケットやクリーニング屋、
ファーストフードのジョリビーやシェーキーズなども徒歩圏内にある。
良心的なレートで支持を集めている両替屋EDZENも徒歩15分ほどだ。
食の面で言えばトロトロ(フィリピンの食堂)はそこら中にあるし、
日本料理屋、韓国料理屋もたくさんある。(そこそこ美味しい)
なので生活する分に困ることは無い。

wifiはロビースペースに設置されていたが、階上の部屋でもキャッチできた。
全ての部屋にエアコンがあり暑いフィリピンでも快適に過ごせる。
朝食はトーストと果物(バナナ、マンゴー、パイナップル、パパイヤなど)と
スプレッド(ジャムやバター)がたっぷりと提供される。
特に果物は豊富に供されるので、ビタミン不足の旅行者にはありがたい。

IMG_0339.jpg


キッチンは使い放題でしかも鍋やフライパンなどが充実しているので
割と本格的に料理をすることも可能だ。冷蔵庫も自由に使える。

IMG_0340.jpg

ロビースペースには大画面テレビ、ソファー、カウンター、テーブルが配置され、
思い思いにくつろぐことができる。
ちなみにテレビは70チャンネル以上視聴可能で、NHKも入る。


IMG_0342.jpg

IMG_0345.jpg

IMG_0348.jpg


主に4人のレセプションとオーナー姉妹が接客に当たっていたが、
皆いい奴ばかりだった。2ヶ月このホステルに留まれたのは、
彼らのフレンドリーな接客のおかげといっても過言ではない。
特に滞在当初はあまり英語を上手く話せれない自分に何かと世話を焼いてくれた。


金曜土曜日はバーホッピングやポーカーゲーム大会等を開催し、
ホステルスタッフと宿泊者一同で夜のマラテに繰り出したりもする。
ハロウィンやクリスマスパーティなども開いている。
フェースブックに写真が掲載されているのでそちらを参照してほしい。
雰囲気が伝わると思う。
http://www.facebook.com/Where2NextHostel

弱点といえば海外安ホステルらしく二段ベッドがギシつくことと、
隣がライブハウスなので部屋によってはものすごくやかましいこと、
ホットシャワーの水圧が弱いし、ぬるいことくらいか。
1泊550php(約990円)~だから格安とは言えないがコスパを考えれば妥当、
むしろ安いくらいだろう。
ここよりも安い宿となるとエアコンがなかったりぼろかったりwifiがなかったりと、
何かと不便になる。マニラの宿で特にアテがないならばぜひここを使って欲しい。
欠点も多少あるけど、全体的にみれば自信をもってお勧めできるホステルといえる。


今年もよろしくです!最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


追記を閉じる▲
フィリピン出発前のこと。フィリピンには良い宿がないと聞いていたので、
半ば諦め気分でホステルワールドを探していた。
今回の訪比の目的は2ヶ月間の短期英語留学。
世界一周のときのように一箇所の滞在は長くて1週間というわけにはいかない。
居心地がよく便利で安いホステルに長く滞在したいと考えていた。
アパートを借りる手もあったのだが、ホステルを選んだ。
理由は簡単。話さざるおえないからだ。

安ホステル、それもドミトリーだと当然のごとく集団生活となる。
そしてもちろん話す言葉は英語だ。
嫌でも英語を話さなければならない環境なら英語力も多少は伸びるだろう・・・
という目論みがあったからホステルを選んだ。

そして長く生活する上で欠かせないと考えたのが以下の要素だ。
・便利な場所にある
・wifiフリー
・エアコン完備
・ホットシャワーつき
・朝食付き
・キッチンあり
・スタッフがフレンドリー
・清掃が行き届いている


夜遊びしたいし語学学校への通学を考えると便利なとこに住んでいたいし、
このご時世、インターネットなしでの海外生活は考えられないし、
年中暑いフィリピンでエアコンは欠かせないし、
いくら暑くても水シャワーだけでは体の汚れを落とせないし、
毎日朝飯を作るのも外に食べに行くのもめんどくさいし、
現地料理ばかりでは飽きるので自炊できる設備が必要だし、
毎日顔を合わせるスタッフは当然いい奴でないと困るし、
汚い宿はありえない。
以上の要素をを求め、行き着いたのが「Where 2 Next」だった。
2011年9月にオープンしたばかりの綺麗なホステルだ。
http://www.where2nexthostel.com/

場所はマニラの中でも歓楽街として有名なマラテ地区にある。


大きな地図で見る

歓楽街ということでそこら中にKTV(いわゆるフィリピンパブ)があるし、
売春カフェとして有名なManila Bay Cafeも徒歩20分ほど。
生活の面で言えばスーパーマーケットやクリーニング屋、
ファーストフードのジョリビーやシェーキーズなども徒歩圏内にある。
良心的なレートで支持を集めている両替屋EDZENも徒歩15分ほどだ。
食の面で言えばトロトロ(フィリピンの食堂)はそこら中にあるし、
日本料理屋、韓国料理屋もたくさんある。(そこそこ美味しい)
なので生活する分に困ることは無い。

wifiはロビースペースに設置されていたが、階上の部屋でもキャッチできた。
全ての部屋にエアコンがあり暑いフィリピンでも快適に過ごせる。
朝食はトーストと果物(バナナ、マンゴー、パイナップル、パパイヤなど)と
スプレッド(ジャムやバター)がたっぷりと提供される。
特に果物は豊富に供されるので、ビタミン不足の旅行者にはありがたい。

IMG_0339.jpg


キッチンは使い放題でしかも鍋やフライパンなどが充実しているので
割と本格的に料理をすることも可能だ。冷蔵庫も自由に使える。

IMG_0340.jpg

ロビースペースには大画面テレビ、ソファー、カウンター、テーブルが配置され、
思い思いにくつろぐことができる。
ちなみにテレビは70チャンネル以上視聴可能で、NHKも入る。


IMG_0342.jpg

IMG_0345.jpg

IMG_0348.jpg


主に4人のレセプションとオーナー姉妹が接客に当たっていたが、
皆いい奴ばかりだった。2ヶ月このホステルに留まれたのは、
彼らのフレンドリーな接客のおかげといっても過言ではない。
特に滞在当初はあまり英語を上手く話せれない自分に何かと世話を焼いてくれた。


金曜土曜日はバーホッピングやポーカーゲーム大会等を開催し、
ホステルスタッフと宿泊者一同で夜のマラテに繰り出したりもする。
ハロウィンやクリスマスパーティなども開いている。
フェースブックに写真が掲載されているのでそちらを参照してほしい。
雰囲気が伝わると思う。
http://www.facebook.com/Where2NextHostel

弱点といえば海外安ホステルらしく二段ベッドがギシつくことと、
隣がライブハウスなので部屋によってはものすごくやかましいこと、
ホットシャワーの水圧が弱いし、ぬるいことくらいか。
1泊550php(約990円)~だから格安とは言えないがコスパを考えれば妥当、
むしろ安いくらいだろう。
ここよりも安い宿となるとエアコンがなかったりぼろかったりwifiがなかったりと、
何かと不便になる。マニラの宿で特にアテがないならばぜひここを使って欲しい。
欠点も多少あるけど、全体的にみれば自信をもってお勧めできるホステルといえる。


今年もよろしくです!最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2012/01/05 21:30】 | フィリピン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。