2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクからタイ北部、ラオスに行くのに便利なのは鉄道だ。
チェンマイ、チェンライなど北部主要都市はもちろん、
ラオスとの国境の街ノーンカイまで線路が伸びており、
バンコクから深夜特急で一晩で足を伸ばすことができる。
詳しい情報はタイ国鉄のHPを確認してほしい。
英語ページも充実しており予約まで可能のようだ。

バンコクから北部向かうに当たって最初に訪問するのはアユタヤだ。
これほど有名な遺跡都市は無視できない。


ラオス方面を旅するにあたってパートナーができた。
シェムリアップで知り合ったKENさんだ。
シェムリアップのタケオゲストハウスで知り合い、
一緒にアンコールワットの朝焼けツアーを見に行った仲だ。


KENさんはシェムリアップでじっくりと観光をするというので、
自分は一足先にバンコクにやってきた。
夜遊びしつつ時間を潰し、数日後にバンコクにやってきたKENさんと
合流したという流れだった。
歳が近いこととお互い退職しての旅ということで親和性が高かった。
お金に余裕がない身分同士というのもあって気が合った。



タイ国鉄の始発駅はファランポーン駅。
カオサンからは15番の赤バス、7バーツ45分くらいで行くことができる。
15番のバスは環状バスで途中で一度乗り換えることになるので注意。
乗り換えの停留所にはたいてい代わりのバスが停まっているので
スムーズに乗り換えれる。
タクシーだと100バーツくらいだ。


DSCF2894.jpg
ファランポーン駅。
カンボジア、マレーシア、ラオス各方面に鉄道が延びている。
DSCF2893.jpg
チケットカウンター。左隅のカウンターは外国人対応ということで英語が通じる。
普通3等車のチケットを購入。アユタヤまでは15バーツ(45円)。
本当ならばその日のバンコクからノーンカイまで行ける深夜列車も取る予定だった・・
が、当日分は売り切れ。しぶしぶ翌日の分を購入した。



後日マレーシアに行くチケットを購入しようとしたら、
同様に当日分は売り切れていた。
基本的には夜行便を当日取るのは無理のようだ。


話を戻す。
DSCF2904.jpg
ファランポーン駅のプラットホーム
ホームナンバーの下にどこに行く列車か表示されているので
どれに乗るのかはすぐにわかる。
心配ならパッセンジャーサービス係がいるので確認しても良い。

DSCF2905.jpg
アユタヤ行きのボロ列車。情趣が合っていいよね!

DSCF2912.jpg
3等車のシート。木です。もちろんカチカチ。
アユタヤに着く頃には尻が痛くなること請け合い。
シートは半分くらい埋まってる感じだった。
弁当やら飲み物やらの物売りが発車までしょっちゅう行きかっていた。
DSCF2908.jpg


DSCF2914.jpg
走行中外を眺める。線路は人を運ぶだけでなく、
人の生活の場にもなっていた。



9時過ぎ発の列車に乗り、11時頃に到着するはずだった。
10時頃のこと。途中の駅で停まったかと思ったら、
なぜか全ての客が降り、別の列車に乗り換えだした。
近くにいたおばちゃんに尋ねてもタイ語しか話してくれないから
わけがわからない。
乗務員に尋ねても流暢過ぎる英語で理解できない。
言葉の端々から故障したから乗り換えろといってるのがわかった。
しょうがなく後続の列車に乗り換える。
後続の列車に乗り、しばらくしたら乗務員が検札に来た。
持ってたチケットを確認し、そしてこう言った。
「これは普通用のチケットだ。この列車は急行だから後5バーツ払え」


いやいや、列車が故障したから乗り換えたのであって、
そっちの責任なのになんで金払わなければならんのよ!







もちろんそんなこと英語で言えるわけもなく、
渋々払うことにした。まぁ、5バーツのことなんだけどね・・・
噴飯やるかたない思いを抱えてアユタヤ到着を待った。
DSCF2916.jpg

DSCF2918.jpg

アユタヤ駅。結局12時過ぎに到着した。
この程度の遅れで済んだのならまぁ良しとしよう。
さてどうするかとKENさんが地球の歩き方を開いたら、
流暢に日本語を操るおばちゃんが近寄ってきた。
観光トゥクトゥクの客引きだった。
アユタヤの各遺跡は距離が離れており、徒歩で移動するにはちょっときつい。
レンタサイクルなどもないようなので、必然的にトゥクトゥクを使うことになる。


アユタヤの名所を半日観光、二人で1000バーツ(3000円)というオファー。
おばちゃん「この値段は日本人だけのスペシャルプライスよ!」
なんておばちゃんは力説していたが
近くにいた別の客引きのおっさんにそっちはどうだと声をかけたら
値下げ合戦が始まった。

おっさん「俺なら二人で900バーツだがどうだ!」
おばちゃん「待ってならこっちは800バーツよ!」
おっさん「いやいやなら750で・・・」
おばちゃん「キー!こっちは700よ!」
「まだ高いや。おーいそっちの客引きはいくら!?」

と、KENさんは別の客引きも引き込んでさらに競争は過熱した・・・
KENさんはできる人だった。
結局一人250バーツずつ。
計500バーツ(1500円)のおばちゃんの提示に乗ることにした。
ガイドに引き合わせおばちゃんは去っていった。
おばちゃんは紹介料を取るのが目的だったようだ。
というわけでアユタヤ観光のお膳立ては整った。
観光についてはまた次回。


例のコレ。



↓ポチオナシャスッ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


追記を閉じる▲
ラオス方面を旅するにあたってパートナーができた。
シェムリアップで知り合ったKENさんだ。
シェムリアップのタケオゲストハウスで知り合い、
一緒にアンコールワットの朝焼けツアーを見に行った仲だ。


KENさんはシェムリアップでじっくりと観光をするというので、
自分は一足先にバンコクにやってきた。
夜遊びしつつ時間を潰し、数日後にバンコクにやってきたKENさんと
合流したという流れだった。
歳が近いこととお互い退職しての旅ということで親和性が高かった。
お金に余裕がない身分同士というのもあって気が合った。



タイ国鉄の始発駅はファランポーン駅。
カオサンからは15番の赤バス、7バーツ45分くらいで行くことができる。
15番のバスは環状バスで途中で一度乗り換えることになるので注意。
乗り換えの停留所にはたいてい代わりのバスが停まっているので
スムーズに乗り換えれる。
タクシーだと100バーツくらいだ。


DSCF2894.jpg
ファランポーン駅。
カンボジア、マレーシア、ラオス各方面に鉄道が延びている。
DSCF2893.jpg
チケットカウンター。左隅のカウンターは外国人対応ということで英語が通じる。
普通3等車のチケットを購入。アユタヤまでは15バーツ(45円)。
本当ならばその日のバンコクからノーンカイまで行ける深夜列車も取る予定だった・・
が、当日分は売り切れ。しぶしぶ翌日の分を購入した。



後日マレーシアに行くチケットを購入しようとしたら、
同様に当日分は売り切れていた。
基本的には夜行便を当日取るのは無理のようだ。


話を戻す。
DSCF2904.jpg
ファランポーン駅のプラットホーム
ホームナンバーの下にどこに行く列車か表示されているので
どれに乗るのかはすぐにわかる。
心配ならパッセンジャーサービス係がいるので確認しても良い。

DSCF2905.jpg
アユタヤ行きのボロ列車。情趣が合っていいよね!

DSCF2912.jpg
3等車のシート。木です。もちろんカチカチ。
アユタヤに着く頃には尻が痛くなること請け合い。
シートは半分くらい埋まってる感じだった。
弁当やら飲み物やらの物売りが発車までしょっちゅう行きかっていた。
DSCF2908.jpg


DSCF2914.jpg
走行中外を眺める。線路は人を運ぶだけでなく、
人の生活の場にもなっていた。



9時過ぎ発の列車に乗り、11時頃に到着するはずだった。
10時頃のこと。途中の駅で停まったかと思ったら、
なぜか全ての客が降り、別の列車に乗り換えだした。
近くにいたおばちゃんに尋ねてもタイ語しか話してくれないから
わけがわからない。
乗務員に尋ねても流暢過ぎる英語で理解できない。
言葉の端々から故障したから乗り換えろといってるのがわかった。
しょうがなく後続の列車に乗り換える。
後続の列車に乗り、しばらくしたら乗務員が検札に来た。
持ってたチケットを確認し、そしてこう言った。
「これは普通用のチケットだ。この列車は急行だから後5バーツ払え」


いやいや、列車が故障したから乗り換えたのであって、
そっちの責任なのになんで金払わなければならんのよ!







もちろんそんなこと英語で言えるわけもなく、
渋々払うことにした。まぁ、5バーツのことなんだけどね・・・
噴飯やるかたない思いを抱えてアユタヤ到着を待った。
DSCF2916.jpg

DSCF2918.jpg

アユタヤ駅。結局12時過ぎに到着した。
この程度の遅れで済んだのならまぁ良しとしよう。
さてどうするかとKENさんが地球の歩き方を開いたら、
流暢に日本語を操るおばちゃんが近寄ってきた。
観光トゥクトゥクの客引きだった。
アユタヤの各遺跡は距離が離れており、徒歩で移動するにはちょっときつい。
レンタサイクルなどもないようなので、必然的にトゥクトゥクを使うことになる。


アユタヤの名所を半日観光、二人で1000バーツ(3000円)というオファー。
おばちゃん「この値段は日本人だけのスペシャルプライスよ!」
なんておばちゃんは力説していたが
近くにいた別の客引きのおっさんにそっちはどうだと声をかけたら
値下げ合戦が始まった。

おっさん「俺なら二人で900バーツだがどうだ!」
おばちゃん「待ってならこっちは800バーツよ!」
おっさん「いやいやなら750で・・・」
おばちゃん「キー!こっちは700よ!」
「まだ高いや。おーいそっちの客引きはいくら!?」

と、KENさんは別の客引きも引き込んでさらに競争は過熱した・・・
KENさんはできる人だった。
結局一人250バーツずつ。
計500バーツ(1500円)のおばちゃんの提示に乗ることにした。
ガイドに引き合わせおばちゃんは去っていった。
おばちゃんは紹介料を取るのが目的だったようだ。
というわけでアユタヤ観光のお膳立ては整った。
観光についてはまた次回。


例のコレ。



↓ポチオナシャスッ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2012/02/04 18:00】 | タイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。