2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユタヤからバンコクへ帰ろうとタイ国鉄アユタヤ駅にやってきた。
が、なぜか鉄道は止まっていた。
理由は駅員に聞いてもわからない。
(主にこちらが英語がわからないので)
近くにいた客引きのおばちゃんによると、
3時間は止まっているそうで、いつ復旧するかわからないらしい
(おばちゃんは流暢な日本語使いだ!)

さてどうするか・・・
おばちゃんはさも心配そうな口調であれこれと話しかけてくる。

「アナタタチ電車トマッテルヨ。ココカラバンコクカエレナイネ」
「ホテルトロウカ?バンコクマデタクシーデカエルノモアリネ」

口調は心配そうなんだがそんな笑顔で話すもんじゃない。

こら、勝手にタクシードライバーとバンコクまでの料金を交渉するな!

おばちゃんには俺とKENさんが美味しそうなカモに見えたことだろう。
「バンコクまでのタクシー1500バーツ(4500円)でどうだ?」とか、
俺らの宿の10泊分も出せるか!!!


俺とおばちゃんがあーだこーだと話してる横で、
KENさんは地球の歩き方を調べていた。

歩き方いわくアユタヤにもバスターミナルがあり、
頻繁に1時間に1本くらいはバンコク行きバスが出ているらしい。
バスの料金は50バーツ!これで帰るしかない!
ただし、アユタヤ駅からバスターミナルまで直線距離は近いが、
大きな橋まで迂回しなければならないようだ。
図にするとこんな感じである。
ayutthaya1.jpg



俺らの話を聞きつけて、おばちゃんが食い下がるようにオファーを出してきた。
「タクシーデバスターミナルマデ100バーツ!カクヤスヨ!!!」
タイの物価的と距離的に考えてそのオファーはぼったくりだ。
さっきからこちらが困っていることを良いことに、
あーだこーだと吹っかけてくるおばちゃんが癪に障りだした。

これ以上このババァにいいようにされてたまるか!
ってことでKENさんと意見が一致した。
とりあえずバスターミナルまで行けばどうにかなるのはわかった。
ではどうやっていくか。ちょっと遠いけど普通に歩くか?
が、地球の歩き方をよく見ると駅とバスターミナルを隔てる川には渡しボートがあるようだ。


ayutthaya2.jpg

じゃぁそれに乗ってターミナルに向かおう!ってことで話がまとまる。
ババァは少し離れたとこからこっちの様子を伺っていた。
「ドコイクカ?タクシーコッチヨ!」
「ちょっとコンビニ行ってくるわー」とかなんとか言ってその場を離れる。

ボート乗り場は駅から3分もかからないところにあった。
やる気のなさそうなおっさんが係員をしていた、
おっさん向こう岸までいくら?3バーツ
えらい安いなよろしく頼む。。。まだ出発しないの?
あぁ、客がある程度集まるまで待つのね。20分ほど待たされた。


DSCF2982.jpg
DSCF2981.jpg
DSCF2980.jpg

俺とKENさんの他4人を乗せて対岸に出発。ものの5分で到着した。
片道18バーツの収入。ピークの時間とかどれくらい客が乗るんだろ。


地球の歩き方に従ってテクテクと10分ほど歩いたら、
目的地に到着した。

DSCF2985.jpg


DSCF2986.jpg

ターミナルというものは無かった。各方面に向かうバスの集合停留所という感じ。
バンコク行きのチケットは50バーツ。30分ほどで出発。
席は8割くらい埋まっていた。






DSCF2987.jpg

2時間でバンコク北側のモーチットのバスターミナルに到着した。
このバスターミナルからカオサンまでバスが出ているらしいが、
この当時はそのことを知らなかったため、
BTSモーチット駅まで歩き、BTSモーチット→ナショナルスタジアム→赤バス7番で
カオサンに戻った。途中のジュースなど含めても100バーツもかからなかった。

地球の歩き方があったとはいえ、自分でルートを組み立てて
移動するのは旅の醍醐味の一つ。
若干のスリルを楽しみつつのアユタヤ日帰り旅行だった。



例のソレ。



↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



追記を閉じる▲
おばちゃんはさも心配そうな口調であれこれと話しかけてくる。

「アナタタチ電車トマッテルヨ。ココカラバンコクカエレナイネ」
「ホテルトロウカ?バンコクマデタクシーデカエルノモアリネ」

口調は心配そうなんだがそんな笑顔で話すもんじゃない。

こら、勝手にタクシードライバーとバンコクまでの料金を交渉するな!

おばちゃんには俺とKENさんが美味しそうなカモに見えたことだろう。
「バンコクまでのタクシー1500バーツ(4500円)でどうだ?」とか、
俺らの宿の10泊分も出せるか!!!


俺とおばちゃんがあーだこーだと話してる横で、
KENさんは地球の歩き方を調べていた。

歩き方いわくアユタヤにもバスターミナルがあり、
頻繁に1時間に1本くらいはバンコク行きバスが出ているらしい。
バスの料金は50バーツ!これで帰るしかない!
ただし、アユタヤ駅からバスターミナルまで直線距離は近いが、
大きな橋まで迂回しなければならないようだ。
図にするとこんな感じである。
ayutthaya1.jpg



俺らの話を聞きつけて、おばちゃんが食い下がるようにオファーを出してきた。
「タクシーデバスターミナルマデ100バーツ!カクヤスヨ!!!」
タイの物価的と距離的に考えてそのオファーはぼったくりだ。
さっきからこちらが困っていることを良いことに、
あーだこーだと吹っかけてくるおばちゃんが癪に障りだした。

これ以上このババァにいいようにされてたまるか!
ってことでKENさんと意見が一致した。
とりあえずバスターミナルまで行けばどうにかなるのはわかった。
ではどうやっていくか。ちょっと遠いけど普通に歩くか?
が、地球の歩き方をよく見ると駅とバスターミナルを隔てる川には渡しボートがあるようだ。


ayutthaya2.jpg

じゃぁそれに乗ってターミナルに向かおう!ってことで話がまとまる。
ババァは少し離れたとこからこっちの様子を伺っていた。
「ドコイクカ?タクシーコッチヨ!」
「ちょっとコンビニ行ってくるわー」とかなんとか言ってその場を離れる。

ボート乗り場は駅から3分もかからないところにあった。
やる気のなさそうなおっさんが係員をしていた、
おっさん向こう岸までいくら?3バーツ
えらい安いなよろしく頼む。。。まだ出発しないの?
あぁ、客がある程度集まるまで待つのね。20分ほど待たされた。


DSCF2982.jpg
DSCF2981.jpg
DSCF2980.jpg

俺とKENさんの他4人を乗せて対岸に出発。ものの5分で到着した。
片道18バーツの収入。ピークの時間とかどれくらい客が乗るんだろ。


地球の歩き方に従ってテクテクと10分ほど歩いたら、
目的地に到着した。

DSCF2985.jpg


DSCF2986.jpg

ターミナルというものは無かった。各方面に向かうバスの集合停留所という感じ。
バンコク行きのチケットは50バーツ。30分ほどで出発。
席は8割くらい埋まっていた。






DSCF2987.jpg

2時間でバンコク北側のモーチットのバスターミナルに到着した。
このバスターミナルからカオサンまでバスが出ているらしいが、
この当時はそのことを知らなかったため、
BTSモーチット駅まで歩き、BTSモーチット→ナショナルスタジアム→赤バス7番で
カオサンに戻った。途中のジュースなど含めても100バーツもかからなかった。

地球の歩き方があったとはいえ、自分でルートを組み立てて
移動するのは旅の醍醐味の一つ。
若干のスリルを楽しみつつのアユタヤ日帰り旅行だった。



例のソレ。



↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


【2012/02/10 13:00】 | タイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。