2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスへ行こう。
ラオス行きはカンボジアで知り合ったKENさんと行こうと約束していた。
メコン川を見ながらラオビアを飲む・・・これが楽しみだった。

今回の移動で楽しみにしていたことがあった。
夜行列車である。海外初の夜行列車。
うっひょう興奮するぜ!
目指すはラオスとの国境の街ノーンカイ(Nong Khai)である。
ノーンカイはタイからラオスに入国するのに一番メジャーな国境だ。
何しろノーンカイからメコン川を渡った先はラオスの首都ヴィエンチャン
当然人の流れも多いわけで。ノーンカイ行きのタイ国鉄深夜特急もそこそこ混雑していた。



夜18時頃、カオサンの宿を引き払い、国鉄ファランポーン駅へと向かう。
バックパックを担いでいたが大通りまで歩き、流しのタクシーを拾う。
カオサン辺りにたむろしている運ちゃんは要注意。ロクな噂を聞かない。
普段はリスクを考えてタクシーは使わないが、
今回は男二人。よっぽどのことが無い限り大丈夫だろうと考えた。
捕まえたピンクのタクシー、運転手は誠実な人だった。
行き先を告げるとすぐにメーターをつけた。


日本だとこれが当たり前なのだがタイだと事情が違う。
こっちが旅行者と見るとメーターを使わず、
言い値で吹っかけてくる奴がいるので注意だ。
それがあるからできるだけタクシーは使いたくない。





ファランポーン駅に到着。100バーツ、所要時間は30分ほど。

DSCF2999.jpg
19時頃のファランポーン駅は乗車待ちの客で混雑していた。

DSCF3001.jpg

DSCF3003.jpg


この日乗ったのはノーンカイ行き夜行列車の二等寝台エアコン付き。
寝台シートは上段と下段があり、上段は688バーツ(約2060円)、
下段は758バーツ(約2270円)と差がある。
20時発の列車、10分遅れ程度で発車した。タイとしては定刻の内だろう。
この値段の差は窓があるかないかという点が生んでるのだろう。

DSCF3004.jpg
上段シート(俺)

DSCF3005.jpg
下段シート(KENさん)
写真が暗いのでわかりにくいが上段は単に寝るだけなのだが、
下段シートだと寝そべりながら流れていく景色が観られる。
絶対に下段の方が良い。
KENさんは買い込んだビールを飲みつつ流れていく夜景を楽しんだらしい
・・・イイナー

ちなみにこの列車、冷房がもの凄く効いているので要注意。
比喩ではなくTシャツ短パンでは凍えるほど強力だ。
タイでは・・・というか東南アジアでは冷房が効いているとこは
物凄く強力に冷房を効かせている。
デパート、長距離バス、長距離電車、LCCまで冷房をケチらない。
クソ暑い国柄、現地人としてはそれで喜べるのであろう。
しかし日本人には強すぎる。この列車に乗って2,3時間経った頃、
自分はバックの奥から冬物のセーターを取り出していた。
それくらい寒かった。


寒いという弊害はあるが、ワクワク感は半端なかった。
KENさんや乗り合わせたカナダ人旅行者と遅くまでくっちゃべりながら
海外に出て初の夜行列車を楽しんだ。

DSCF3008.jpg

DSCF3009.jpg

DSCF3010.jpg





翌朝、5時過ぎに目が覚めた。まだ外は暗かったが、
徐々に明るくなっていく空を見ながら過ごした。
外は靄がかかっていた。

DSCF3014.jpg

DSCF3020.jpg

DSCF3021.jpg

DSCF3018.jpg




食堂車に行ってみた。サンドイッチと紅茶の朝食セットを頼んだ。
100バーツ(300円)。

DSCF3016.jpg

DSCF3025.jpg

DSCF3027.jpg

そんなに綺麗な食堂車ではなかったが、食堂車ってやっぱりいいなー。
長距離列車にはぜひほしいよね。新幹線も復活させてほしいもんだ。




紅茶を飲みつつうだうだしてたら9時ちょい前にノーンカイに到着した。
予定到着時刻が8時25分だから、ほぼ定刻に着いたと考えて良いだろう。

DSCF3030.jpg

DSCF3029.jpg
DSCF3033.jpg

荷物をまとめて駅に降り立った。さて、どっちに行くんだろう?



続きは次回ってとこで↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


例のソレ。


追記を閉じる▲
目指すはラオスとの国境の街ノーンカイ(Nong Khai)である。
ノーンカイはタイからラオスに入国するのに一番メジャーな国境だ。
何しろノーンカイからメコン川を渡った先はラオスの首都ヴィエンチャン
当然人の流れも多いわけで。ノーンカイ行きのタイ国鉄深夜特急もそこそこ混雑していた。



夜18時頃、カオサンの宿を引き払い、国鉄ファランポーン駅へと向かう。
バックパックを担いでいたが大通りまで歩き、流しのタクシーを拾う。
カオサン辺りにたむろしている運ちゃんは要注意。ロクな噂を聞かない。
普段はリスクを考えてタクシーは使わないが、
今回は男二人。よっぽどのことが無い限り大丈夫だろうと考えた。
捕まえたピンクのタクシー、運転手は誠実な人だった。
行き先を告げるとすぐにメーターをつけた。


日本だとこれが当たり前なのだがタイだと事情が違う。
こっちが旅行者と見るとメーターを使わず、
言い値で吹っかけてくる奴がいるので注意だ。
それがあるからできるだけタクシーは使いたくない。





ファランポーン駅に到着。100バーツ、所要時間は30分ほど。

DSCF2999.jpg
19時頃のファランポーン駅は乗車待ちの客で混雑していた。

DSCF3001.jpg

DSCF3003.jpg


この日乗ったのはノーンカイ行き夜行列車の二等寝台エアコン付き。
寝台シートは上段と下段があり、上段は688バーツ(約2060円)、
下段は758バーツ(約2270円)と差がある。
20時発の列車、10分遅れ程度で発車した。タイとしては定刻の内だろう。
この値段の差は窓があるかないかという点が生んでるのだろう。

DSCF3004.jpg
上段シート(俺)

DSCF3005.jpg
下段シート(KENさん)
写真が暗いのでわかりにくいが上段は単に寝るだけなのだが、
下段シートだと寝そべりながら流れていく景色が観られる。
絶対に下段の方が良い。
KENさんは買い込んだビールを飲みつつ流れていく夜景を楽しんだらしい
・・・イイナー

ちなみにこの列車、冷房がもの凄く効いているので要注意。
比喩ではなくTシャツ短パンでは凍えるほど強力だ。
タイでは・・・というか東南アジアでは冷房が効いているとこは
物凄く強力に冷房を効かせている。
デパート、長距離バス、長距離電車、LCCまで冷房をケチらない。
クソ暑い国柄、現地人としてはそれで喜べるのであろう。
しかし日本人には強すぎる。この列車に乗って2,3時間経った頃、
自分はバックの奥から冬物のセーターを取り出していた。
それくらい寒かった。


寒いという弊害はあるが、ワクワク感は半端なかった。
KENさんや乗り合わせたカナダ人旅行者と遅くまでくっちゃべりながら
海外に出て初の夜行列車を楽しんだ。

DSCF3008.jpg

DSCF3009.jpg

DSCF3010.jpg





翌朝、5時過ぎに目が覚めた。まだ外は暗かったが、
徐々に明るくなっていく空を見ながら過ごした。
外は靄がかかっていた。

DSCF3014.jpg

DSCF3020.jpg

DSCF3021.jpg

DSCF3018.jpg




食堂車に行ってみた。サンドイッチと紅茶の朝食セットを頼んだ。
100バーツ(300円)。

DSCF3016.jpg

DSCF3025.jpg

DSCF3027.jpg

そんなに綺麗な食堂車ではなかったが、食堂車ってやっぱりいいなー。
長距離列車にはぜひほしいよね。新幹線も復活させてほしいもんだ。




紅茶を飲みつつうだうだしてたら9時ちょい前にノーンカイに到着した。
予定到着時刻が8時25分だから、ほぼ定刻に着いたと考えて良いだろう。

DSCF3030.jpg

DSCF3029.jpg
DSCF3033.jpg

荷物をまとめて駅に降り立った。さて、どっちに行くんだろう?



続きは次回ってとこで↓ポチオナシャスッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


例のソレ。

【2012/02/18 10:00】 | タイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。