2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアンパパーンにやってきた翌日、
初めての街ですることといえばまずは食べるとこの確保からはじまる。
といってもルアンパパーンは小さな大都市。
そこら中にレストランや屋台があるので困ることはない。
DSCF3245.jpg

DSCF3351.jpg

こんな感じの屋台がそこら中にある。
朝はたいていお粥を食っていた。
ちなみにおかゆの上に乗っているのは揚げパン。
そのまま食べるとサクサク感を楽しめて、
粥に沈めてヤワヤワ感を楽しむこともできる。
香港辺りからタイまで東南アジア全土で見かける食べ物。


DSCF3392.jpg

DSCF3448.jpg

DSCF3450.jpg

カオピャックセン。ラオスのヌードル。ベトナムでいうところのフォー。
これも東南アジア全土で見るが、太麺だったり細麺だったり
辛い味付けのものがあったりなかなかバリエーションがあった。
どこも一杯100円もしない。昼飯に、おやつ代わりに、夜食に。
何杯食べても飽きない。


DSCF3393.jpg

DSCF3395.jpg

名前はわからないがやきそばっぽいもの。
色は焼きそばだが甘い味付けでお菓子っぽい感じ。
バナナの葉っぱに包んで渡される。
20円か30円くらいだった。

DSCF3451.jpg

DSCF3453.jpg
もう一つ、たこ焼きっぽいもの。これも甘いお菓子。
たこ焼きを想像して食べてびっくりしてしまった。

DSCF3536.jpg

DSCF3539.jpg
ナイトマーケット横のバイキング屋台(?)
お惣菜を選んで量り売り。一食200円もあれば充分。



DSCF3537.jpg
バイキングとは別売りで魚や鳥の丸焼きもある。
写真はメコン川で取れた魚の丸焼き。一匹200円くらいだったか。


こんなものを食べつつ、ビアラオを飲みつつルアンパパーンライフを楽しんだ。
地元料理に飽きれば中心部のレストランに行ってみよう。
外国人向けレストランはたくさんあるので心配ない。



次回は市場について書くので、読者の皆様、ポチお願いします。
更新する励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






例のソレ。


追記を閉じる▲
DSCF3245.jpg

DSCF3351.jpg

こんな感じの屋台がそこら中にある。
朝はたいていお粥を食っていた。
ちなみにおかゆの上に乗っているのは揚げパン。
そのまま食べるとサクサク感を楽しめて、
粥に沈めてヤワヤワ感を楽しむこともできる。
香港辺りからタイまで東南アジア全土で見かける食べ物。


DSCF3392.jpg

DSCF3448.jpg

DSCF3450.jpg

カオピャックセン。ラオスのヌードル。ベトナムでいうところのフォー。
これも東南アジア全土で見るが、太麺だったり細麺だったり
辛い味付けのものがあったりなかなかバリエーションがあった。
どこも一杯100円もしない。昼飯に、おやつ代わりに、夜食に。
何杯食べても飽きない。


DSCF3393.jpg

DSCF3395.jpg

名前はわからないがやきそばっぽいもの。
色は焼きそばだが甘い味付けでお菓子っぽい感じ。
バナナの葉っぱに包んで渡される。
20円か30円くらいだった。

DSCF3451.jpg

DSCF3453.jpg
もう一つ、たこ焼きっぽいもの。これも甘いお菓子。
たこ焼きを想像して食べてびっくりしてしまった。

DSCF3536.jpg

DSCF3539.jpg
ナイトマーケット横のバイキング屋台(?)
お惣菜を選んで量り売り。一食200円もあれば充分。



DSCF3537.jpg
バイキングとは別売りで魚や鳥の丸焼きもある。
写真はメコン川で取れた魚の丸焼き。一匹200円くらいだったか。


こんなものを食べつつ、ビアラオを飲みつつルアンパパーンライフを楽しんだ。
地元料理に飽きれば中心部のレストランに行ってみよう。
外国人向けレストランはたくさんあるので心配ない。



次回は市場について書くので、読者の皆様、ポチお願いします。
更新する励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






例のソレ。

【2012/07/23 11:00】 | ラオス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。