2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンジージャンプの続き。

マカオタワーからバンジージャンプしてみた 前編
http://journeyatw.blog58.fc2.com/blog-entry-33.html
いよいよ飛び込み台の最先端に向かいます。
「自分がビビッて飛べなくなること」が恐くて下を見ずに
前へと進みます。確かに下さえみなければ案外恐くないですね。
脳みそが事態を認識していなかったんだろうなと思います。
ただし、頭の中のBGMは死刑台のエレベーターでした。
目の前に広がるはマカオの街と遥か彼方の海と水平線、
地球は丸いなーなんて暢気なことを考えてたら撮影係の兄ちゃんが声をかけてきました。
「ヘイマサタカ!気分はどうだい!?最後に一言言ってくれ!」




「I can fly!!!」



マカオの人は映画ピンポンとジャパニーズアクター窪塚を知りません。
その場に居たスタッフ5,6人ぽかーんとしてました。





飛び込み台最先端に立ち、手を広げ、カウントダウンが始まります。
























レッツゴー!!!


インストラクターのお兄ちゃんがゆっくりと背中を前に押してくれました。
身体が前に倒れていき、真下が目に入った瞬間、脳みそから背筋に言いようがない
何かが駆け抜け、そして家族とペットの顔が思い浮かびました。






「あ、これは死ぬな」





脳が本能的にそう認識したのでしょう。そして家族の顔が浮かんだのは、
今思えば走馬灯だったのかもしれません。
いくら安全具をガチガチにつけていようが、そんなことは脳みそにはお構い無しです。
いやいや大丈夫だから。これはアトラクションであって、
これで死んだ人なんていないからおんぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


時間にしてほんの数秒ながら頭の中にいろんな感情が駆け巡ります。
迫り来る地面、そろそろ空中でバウンドするはず、いやしなかったら?
マカオタワーのバンジーアトラクション初の事故死が俺になるのか?
俺は死ぬかも俺は死ぬんじゃね俺は死んだ止めとけばよかった
銀行は辞めずにヌクヌク生きてればこんなことはなかった
トーチャンカーチャン先立つご不幸お許しください
ギンを最後にワシャワシャしたかった
ああ!自宅のPC初期化しとけばよかった!!!!!!!!11











安全綱が伸びきり、無事に空中でバウンドした瞬間、
今度は生まれ変わった気がしました。
死んだ!いや俺は生き返った!I can flyした!
生きてるって素晴らしい!
PC初期化しなくてよかった!
この時の頭の中のBGMは「ショーシャンクの空に」のEDテーマでした。


数回バウンドし、完全に静止した後安全具を操り
足が下になるようにします。その後ゆっくりと地面に降ります(一応巨大な安全マットが敷いてあります)
その頃には出まくった脳汁と血が上った頭のせいですっかり興奮状態。
地上のスタッフとガッチリ握手&熱いハグなんかしたりしてました。
スタッフさんもこんな客ばかりだから扱いに慣れてるのでしょう。
「おまえはよくやったよ!」「ヒーローだ!」なんておだててくれて
すっかりほ、ほー、ほあー!!!!状態になるのでした。

DSCF1246.jpg
後から撮った真下の写真。写真真ん中、金網の向こうにある四角いのが
着地地点です。


その後は着替えと認定証の授与のためにもう一度マカオタワーに登ります。
マカオタワーに登るには入場チケットが必要ですが、バンジーTシャツを着てる人は
もちろん通してくれます。昇るエレベーターを待っているとき、
出くわした日本人ツアー客の皆さんと地元のガイドさんに鉢合わせしました。
ガイドさんは当然Tシャツの意味を知っています。
ガイド「あなたバンジーしたか?凄いね!!!皆さんこの人バンジーしたよ!!!」
日本人客「え?バンジーってバンジージャンプ!?凄い!」


なんて言って話しかけられたりするもんだから軽くヒーロー気分を味わえます。


その後着替えに戻り、バンジー認定証を受け取り全て終了。
自分がバンジーするさまを収録したDVDと写真の販売がありましたが、
そのとき手持ちの香港ドルが200HK$しかなく買えませんでした。
DVD+写真で599HK&(6000円)だったと記憶してます。



ちなみにお値段はバンジー台+マカオタワー入場費+Tシャツ+バンジー証明書込みでお値段は1912HK$(約21000円)
正直高いと思うでしょうが、あの脳汁出まくりの体験は人生で一度はやってみて損はないと思います。
ビビルとは思いますがなんでも挑戦してみるもんです。
そして、何かが吹っ切れます。ぜひお試しください。

DSCF2882.jpg
もらったバンジー認定証。日本語英語中国語で書かれています。




「ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption」ED


追記を閉じる▲
いよいよ飛び込み台の最先端に向かいます。
「自分がビビッて飛べなくなること」が恐くて下を見ずに
前へと進みます。確かに下さえみなければ案外恐くないですね。
脳みそが事態を認識していなかったんだろうなと思います。
ただし、頭の中のBGMは死刑台のエレベーターでした。
目の前に広がるはマカオの街と遥か彼方の海と水平線、
地球は丸いなーなんて暢気なことを考えてたら撮影係の兄ちゃんが声をかけてきました。
「ヘイマサタカ!気分はどうだい!?最後に一言言ってくれ!」




「I can fly!!!」



マカオの人は映画ピンポンとジャパニーズアクター窪塚を知りません。
その場に居たスタッフ5,6人ぽかーんとしてました。





飛び込み台最先端に立ち、手を広げ、カウントダウンが始まります。
























レッツゴー!!!


インストラクターのお兄ちゃんがゆっくりと背中を前に押してくれました。
身体が前に倒れていき、真下が目に入った瞬間、脳みそから背筋に言いようがない
何かが駆け抜け、そして家族とペットの顔が思い浮かびました。






「あ、これは死ぬな」





脳が本能的にそう認識したのでしょう。そして家族の顔が浮かんだのは、
今思えば走馬灯だったのかもしれません。
いくら安全具をガチガチにつけていようが、そんなことは脳みそにはお構い無しです。
いやいや大丈夫だから。これはアトラクションであって、
これで死んだ人なんていないからおんぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


時間にしてほんの数秒ながら頭の中にいろんな感情が駆け巡ります。
迫り来る地面、そろそろ空中でバウンドするはず、いやしなかったら?
マカオタワーのバンジーアトラクション初の事故死が俺になるのか?
俺は死ぬかも俺は死ぬんじゃね俺は死んだ止めとけばよかった
銀行は辞めずにヌクヌク生きてればこんなことはなかった
トーチャンカーチャン先立つご不幸お許しください
ギンを最後にワシャワシャしたかった
ああ!自宅のPC初期化しとけばよかった!!!!!!!!11











安全綱が伸びきり、無事に空中でバウンドした瞬間、
今度は生まれ変わった気がしました。
死んだ!いや俺は生き返った!I can flyした!
生きてるって素晴らしい!
PC初期化しなくてよかった!
この時の頭の中のBGMは「ショーシャンクの空に」のEDテーマでした。


数回バウンドし、完全に静止した後安全具を操り
足が下になるようにします。その後ゆっくりと地面に降ります(一応巨大な安全マットが敷いてあります)
その頃には出まくった脳汁と血が上った頭のせいですっかり興奮状態。
地上のスタッフとガッチリ握手&熱いハグなんかしたりしてました。
スタッフさんもこんな客ばかりだから扱いに慣れてるのでしょう。
「おまえはよくやったよ!」「ヒーローだ!」なんておだててくれて
すっかりほ、ほー、ほあー!!!!状態になるのでした。

DSCF1246.jpg
後から撮った真下の写真。写真真ん中、金網の向こうにある四角いのが
着地地点です。


その後は着替えと認定証の授与のためにもう一度マカオタワーに登ります。
マカオタワーに登るには入場チケットが必要ですが、バンジーTシャツを着てる人は
もちろん通してくれます。昇るエレベーターを待っているとき、
出くわした日本人ツアー客の皆さんと地元のガイドさんに鉢合わせしました。
ガイドさんは当然Tシャツの意味を知っています。
ガイド「あなたバンジーしたか?凄いね!!!皆さんこの人バンジーしたよ!!!」
日本人客「え?バンジーってバンジージャンプ!?凄い!」


なんて言って話しかけられたりするもんだから軽くヒーロー気分を味わえます。


その後着替えに戻り、バンジー認定証を受け取り全て終了。
自分がバンジーするさまを収録したDVDと写真の販売がありましたが、
そのとき手持ちの香港ドルが200HK$しかなく買えませんでした。
DVD+写真で599HK&(6000円)だったと記憶してます。



ちなみにお値段はバンジー台+マカオタワー入場費+Tシャツ+バンジー証明書込みでお値段は1912HK$(約21000円)
正直高いと思うでしょうが、あの脳汁出まくりの体験は人生で一度はやってみて損はないと思います。
ビビルとは思いますがなんでも挑戦してみるもんです。
そして、何かが吹っ切れます。ぜひお試しください。

DSCF2882.jpg
もらったバンジー認定証。日本語英語中国語で書かれています。




「ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption」ED

【2010/10/14 19:00】 | マカオ
トラックバック(0) |

走馬灯に見る空
saka
「ショーシャンクの空に」は、飽くことのない
名作ですな。
バンジーが終わって、下からマカオタワーを
眺めたときのBGMは「フィガロの結婚」かな。

高所恐怖症で、ディズニーアトラクションレベ
ルが限界なあしには到達できない場所です。

ところで、下に敷くマットって意味あるの?


まさたか
>sakaさん
フィガロの結婚は安全綱がビヨーンと伸びた時点で流れたような気がします。あれほど美しい音楽はないですね。
舞台に立てるsakaさんの度胸ならバンジーやれます。
いや、バンジーやってさらに度胸つけてください。
>下に敷くマット
一応終わった後安全に地上に着地する際に必要なんじゃないかな。
安全綱が切れたらあんなもんじゃどうしようもないはずだから。

はじめまして
あい
今週末飛ぶ予定ですので、とても参考になりました!
ありがとうございます。

最後の一言を考えておくことにします(

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
走馬灯に見る空
「ショーシャンクの空に」は、飽くことのない
名作ですな。
バンジーが終わって、下からマカオタワーを
眺めたときのBGMは「フィガロの結婚」かな。

高所恐怖症で、ディズニーアトラクションレベ
ルが限界なあしには到達できない場所です。

ところで、下に敷くマットって意味あるの?
2010/10/16(Sat) 19:33 | URL  | saka #-[ 編集]
>sakaさん
フィガロの結婚は安全綱がビヨーンと伸びた時点で流れたような気がします。あれほど美しい音楽はないですね。
舞台に立てるsakaさんの度胸ならバンジーやれます。
いや、バンジーやってさらに度胸つけてください。
>下に敷くマット
一応終わった後安全に地上に着地する際に必要なんじゃないかな。
安全綱が切れたらあんなもんじゃどうしようもないはずだから。
2010/10/20(Wed) 22:33 | URL  | まさたか #-[ 編集]
はじめまして
今週末飛ぶ予定ですので、とても参考になりました!
ありがとうございます。

最後の一言を考えておくことにします(
2011/10/28(Fri) 00:11 | URL  | あい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。