2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいい中国娘二人とお別れした後、私は腑抜けのようになっていました。
一人旅をしていると痛感しますが、
コミュニケーションを取れる人がいなくなるというのは実に辛い。
自分の英語力では自分の希望ややってほしいこと程度は伝えられても
無駄話をしたり親交を深める程には使えません。ですから日本語が話せる
二人の存在は本当に貴重でした。
そんなわけで、二人とのお別れが香港滞在の潮時を感じさせました。

さて、香港から中国各都市に向けてたくさんのバスが出ています。
中国は交通網が日本以上に発達しており、時間さえかければバスだけで中国主要都市を巡ることも可能でしょう。
今回私が向かうのは南寧という都市です。
この都市からはベトナムのハノイに向かう国際バスが出ており、、
さらに香港南寧のバスの到着時間とと南寧ハノイのバスの発車時間の差は
一時間程度で効率よく乗り換えられるという話でした。ソースはインターネット。

香港南寧間のバスは中国旅行社という業者が取り扱っています。
この業者は他にも昆明や東莞等中国各都市行きのバスを幅広く取り扱っている模様です。
国営企業かもしれません。チョンキンマンションの真向かいのビルに支店があるので
チケットの手配は非常に楽です。楽ですが、チケットの手配はお早めに。
当日取ろうとしたら既に満席。翌日の便を使うことになり香港の滞在が一泊延びました。
ちなみに香港南寧で340HK$(4000円弱)

南寧行きのバスは太子駅の中国旅行社の前から出ます。
MRT太子駅の出口を出て高速道路(?)の下をくぐるとオレンジ色の中国旅行社の
看板が見えてきます。
DSCF1477.jpg



受付のおばちゃんがその辺をウロウロしていると思いますのでチケットを提示します。
すると客と識別するためでしょう。↓のようなシールを貼られます。
DSCF1479.jpg

この付近は中国行き各都市のバスの発着場にふさわしく、
両替屋やコンビニ、食堂等がたくさんあります。
両替所で手持ちの香港ドルを中国元に交換。セブンイレブンで水とパンを買ってバスを待ちます。

19:40発の予定でしたが、ピックアップの関係からか、20分ほど遅れて到着、
20:00にバスが到着し乗り込みます。乗ったバスは普通の座席タイプのバスで、満席でした。
後ろの席にいた白人は昆明に向かうと話していましたが同じバスに乗っています。
どうやら中国香港のイミグレーションがある皇崗までは皆同じバスに乗り、
出国後、皇崗にて各方面へ向かうバスに別れるようでした。

バスは街中から高速へ。オレンジ色の街灯と高層ビル・マンションが夜の香港を彩ります。
この動画を思い出しました↓

隣の席にいた南寧に行く中国人OLさんは携帯のSIMカードを差し換えていました。
ああ、これから国境を越えるんだなーと実感しました。




皇崗での香港出境は実に簡単、荷物も持たずにイミグレーションに向かいほぼノー審査で
出国スタンプをいただきます。出国後再びバスに乗りバスで4,5分ほど走った川の先にある
中国側イミグレーションに到着します。ここでは全員自身の荷物を持って入国審査に臨みます。
こちらはしっかりとした審査があります。日本人の私は2,3分で入国スタンプをいただけましたが、
前に並んでいた南アフリカからの旅行者はなにやら質問攻めに合っていました。
バッグを
再び乗ってきたバスに乗り込み、5分ほど走った後広い駐車場に入りバスは停車します。
そこで全員降車し、各々の行き先のバスに乗り込みます。、
南寧行きの寝台バスは大きいバスで、寝台席もそこそこ快適に過ごせました。
DSCF1484.jpg

DSCF1483.jpg

発車して30分も立たずに消灯。バスの中自体は静かになりますが、
中国の高速道路はけっこう揺れるのと、中国の運転手の気質なのか、
しょっちゅうクラクションを鳴らします。だからなかなか寝付けませんでした。

DSCF1488.jpg

DSCF1489.jpg
深夜1時ごろ途中停車したサービスエリア。中国元を全然持っていなかったため、
何も買い物できず。


深夜3時ごろにもう一度サービスエリアで休憩し、バスは南寧に向かいます。(続きます。)


追記を閉じる▲
さて、香港から中国各都市に向けてたくさんのバスが出ています。
中国は交通網が日本以上に発達しており、時間さえかければバスだけで中国主要都市を巡ることも可能でしょう。
今回私が向かうのは南寧という都市です。
この都市からはベトナムのハノイに向かう国際バスが出ており、、
さらに香港南寧のバスの到着時間とと南寧ハノイのバスの発車時間の差は
一時間程度で効率よく乗り換えられるという話でした。ソースはインターネット。

香港南寧間のバスは中国旅行社という業者が取り扱っています。
この業者は他にも昆明や東莞等中国各都市行きのバスを幅広く取り扱っている模様です。
国営企業かもしれません。チョンキンマンションの真向かいのビルに支店があるので
チケットの手配は非常に楽です。楽ですが、チケットの手配はお早めに。
当日取ろうとしたら既に満席。翌日の便を使うことになり香港の滞在が一泊延びました。
ちなみに香港南寧で340HK$(4000円弱)

南寧行きのバスは太子駅の中国旅行社の前から出ます。
MRT太子駅の出口を出て高速道路(?)の下をくぐるとオレンジ色の中国旅行社の
看板が見えてきます。
DSCF1477.jpg



受付のおばちゃんがその辺をウロウロしていると思いますのでチケットを提示します。
すると客と識別するためでしょう。↓のようなシールを貼られます。
DSCF1479.jpg

この付近は中国行き各都市のバスの発着場にふさわしく、
両替屋やコンビニ、食堂等がたくさんあります。
両替所で手持ちの香港ドルを中国元に交換。セブンイレブンで水とパンを買ってバスを待ちます。

19:40発の予定でしたが、ピックアップの関係からか、20分ほど遅れて到着、
20:00にバスが到着し乗り込みます。乗ったバスは普通の座席タイプのバスで、満席でした。
後ろの席にいた白人は昆明に向かうと話していましたが同じバスに乗っています。
どうやら中国香港のイミグレーションがある皇崗までは皆同じバスに乗り、
出国後、皇崗にて各方面へ向かうバスに別れるようでした。

バスは街中から高速へ。オレンジ色の街灯と高層ビル・マンションが夜の香港を彩ります。
この動画を思い出しました↓

隣の席にいた南寧に行く中国人OLさんは携帯のSIMカードを差し換えていました。
ああ、これから国境を越えるんだなーと実感しました。




皇崗での香港出境は実に簡単、荷物も持たずにイミグレーションに向かいほぼノー審査で
出国スタンプをいただきます。出国後再びバスに乗りバスで4,5分ほど走った川の先にある
中国側イミグレーションに到着します。ここでは全員自身の荷物を持って入国審査に臨みます。
こちらはしっかりとした審査があります。日本人の私は2,3分で入国スタンプをいただけましたが、
前に並んでいた南アフリカからの旅行者はなにやら質問攻めに合っていました。
バッグを
再び乗ってきたバスに乗り込み、5分ほど走った後広い駐車場に入りバスは停車します。
そこで全員降車し、各々の行き先のバスに乗り込みます。、
南寧行きの寝台バスは大きいバスで、寝台席もそこそこ快適に過ごせました。
DSCF1484.jpg

DSCF1483.jpg

発車して30分も立たずに消灯。バスの中自体は静かになりますが、
中国の高速道路はけっこう揺れるのと、中国の運転手の気質なのか、
しょっちゅうクラクションを鳴らします。だからなかなか寝付けませんでした。

DSCF1488.jpg

DSCF1489.jpg
深夜1時ごろ途中停車したサービスエリア。中国元を全然持っていなかったため、
何も買い物できず。


深夜3時ごろにもう一度サービスエリアで休憩し、バスは南寧に向かいます。(続きます。)

【2010/11/12 19:00】 | 香港
トラックバック(0) |


Cocona
いろんな変化や出会いがあって興味がつきません
寝台バスがあるんですね
おもしろい


まさたか
>coconaさん
寝台バスはこれから散々お世話になります。
宿代が一泊浮くしほとんどエアコンつきなので快適に過ごせます。
まぁ、大方のバスが寝返りもうてないくらい狭い席だったりするんですけどねw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いろんな変化や出会いがあって興味がつきません
寝台バスがあるんですね
おもしろい
2010/11/13(Sat) 22:28 | URL  | Cocona #-[ 編集]
>coconaさん
寝台バスはこれから散々お世話になります。
宿代が一泊浮くしほとんどエアコンつきなので快適に過ごせます。
まぁ、大方のバスが寝返りもうてないくらい狭い席だったりするんですけどねw
2010/11/16(Tue) 23:10 | URL  | まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。