2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝7時ごろ、南寧のバスターミナルに到着します。
南寧という都市のことはまったく知りませんでしたが、
車窓から見る風景からして大都市というのがわかります。
地方中核都市といったところでしょうか。

DSCF1495.jpg
バスを降り、荷物を受け取ってバスターミナルを見回すと想像以上に大きい。
どこに行けば良いのかわからず、とりあえず昨夜皇崗まで隣に座っていた
中国人OLさんにチケット売り場の場所を尋ねました。
お姉さん優しかったです。わざわざバスターミナル二階のチケット売り場まで案内してくれました。
バスターミナル建物に入って行き、KFCを左手に見ながら右手に見える階段を登って二階へ。

DSCF1497.jpg

↑こんなのが見えてきます。
中国語ができない身としてはバスのチケットを買うだけでもちょっと勇気が要ります。
上手くコミュニケーションが取れないので間違ったりすると困りますからね。
日本から持ってきた付箋に「行先 越南 河内 大人1枚」と書いて
チケットカウンターに出します。
係のお姉さんは付箋を10秒ほど眺めてからその付箋に「148元 8:40AM NO.17」と書いてこちらに
見せてくれました。料金と発車時間と乗り場のようです。オーケーオーケーと連呼してチケットを購入。
チケットを受け取る時にお姉さんは笑顔で「Good luck」と言ってくれました。いい人やー。

その時点で発車まで40分くらいありました。トイレに行き朝のお通じを済ませ,
売店でどんなものが売ってるか眺めつつ時間をつぶしました。
ネットの情報どおり香港→南寧→ハノイのバスルートは連絡が良かったです。
NO17の乗り場の前で待っていると
DSCF1501.jpg

DSCF1502.jpg

こんなバスが到着しました。ほぼ満席になり定刻に発車。
エアコン、TV、ミネラルウォーターに、途中の休憩所で昼食まで出ました。
DSCF1531.jpg

たいしてうまくはなかったですが、その日の朝と前日の夜はロクに食べていなかったので
実にありがたい昼食でした。

DSCF1505.jpg

南寧の市街を抜けると何も無く、畑と田んぼの風景でした。

DSCF1508.jpg


DSCF1516.jpg


DSCF1519.jpg

こんな感じの山が多かったです。

道中中国のコメディ映画を放映していました(CMがめちゃめちゃ多かったけど)

DSCF1532.jpg

昼食が出た食堂。中央左の立っている女性と座っている男性は
闇両替屋。自分が日本人とわかるとしつこく日本円の両替を迫ってきました。
断って手持ちの中国元のみ交換。152元→290,000VND。
いいか悪いかわからないがたぶん悪いレート。それからこの両替屋、
ベトナムのSIMカードも販売していました。昔はなかったんだろうなぁ。

食事休憩後、15分ほどで中国側国境の街、憑祥に到着します。
荷物を持ってバスを降り、10人乗りカートに乗ります。
バスストップから憑祥のイミグレは少し距離があります。
イミグレでは混雑と審査が長いため時間がかかりましたがなんなく通過。
そのまま歩いてベトナム側国境のドンダンに向かいます。
人の流れについて行き、15分くらい歩き汗だくになった頃に
ベトナム側イミグレに到着します。
実はここからがけっこう大変だったりします(続きます。)



追記を閉じる▲
バスを降り、荷物を受け取ってバスターミナルを見回すと想像以上に大きい。
どこに行けば良いのかわからず、とりあえず昨夜皇崗まで隣に座っていた
中国人OLさんにチケット売り場の場所を尋ねました。
お姉さん優しかったです。わざわざバスターミナル二階のチケット売り場まで案内してくれました。
バスターミナル建物に入って行き、KFCを左手に見ながら右手に見える階段を登って二階へ。

DSCF1497.jpg

↑こんなのが見えてきます。
中国語ができない身としてはバスのチケットを買うだけでもちょっと勇気が要ります。
上手くコミュニケーションが取れないので間違ったりすると困りますからね。
日本から持ってきた付箋に「行先 越南 河内 大人1枚」と書いて
チケットカウンターに出します。
係のお姉さんは付箋を10秒ほど眺めてからその付箋に「148元 8:40AM NO.17」と書いてこちらに
見せてくれました。料金と発車時間と乗り場のようです。オーケーオーケーと連呼してチケットを購入。
チケットを受け取る時にお姉さんは笑顔で「Good luck」と言ってくれました。いい人やー。

その時点で発車まで40分くらいありました。トイレに行き朝のお通じを済ませ,
売店でどんなものが売ってるか眺めつつ時間をつぶしました。
ネットの情報どおり香港→南寧→ハノイのバスルートは連絡が良かったです。
NO17の乗り場の前で待っていると
DSCF1501.jpg

DSCF1502.jpg

こんなバスが到着しました。ほぼ満席になり定刻に発車。
エアコン、TV、ミネラルウォーターに、途中の休憩所で昼食まで出ました。
DSCF1531.jpg

たいしてうまくはなかったですが、その日の朝と前日の夜はロクに食べていなかったので
実にありがたい昼食でした。

DSCF1505.jpg

南寧の市街を抜けると何も無く、畑と田んぼの風景でした。

DSCF1508.jpg


DSCF1516.jpg


DSCF1519.jpg

こんな感じの山が多かったです。

道中中国のコメディ映画を放映していました(CMがめちゃめちゃ多かったけど)

DSCF1532.jpg

昼食が出た食堂。中央左の立っている女性と座っている男性は
闇両替屋。自分が日本人とわかるとしつこく日本円の両替を迫ってきました。
断って手持ちの中国元のみ交換。152元→290,000VND。
いいか悪いかわからないがたぶん悪いレート。それからこの両替屋、
ベトナムのSIMカードも販売していました。昔はなかったんだろうなぁ。

食事休憩後、15分ほどで中国側国境の街、憑祥に到着します。
荷物を持ってバスを降り、10人乗りカートに乗ります。
バスストップから憑祥のイミグレは少し距離があります。
イミグレでは混雑と審査が長いため時間がかかりましたがなんなく通過。
そのまま歩いてベトナム側国境のドンダンに向かいます。
人の流れについて行き、15分くらい歩き汗だくになった頃に
ベトナム側イミグレに到着します。
実はここからがけっこう大変だったりします(続きます。)


【2010/11/14 23:45】 | ベトナム
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(Thu) 08:00 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。