2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北桃園空港に到着。外を見るとしっかりと雨が降っておりました。
後で聞いたところどうも台風が接近してたそうですね。
無事に飛行機が飛んでくれてよかった。

イミグレーションをパスし、預けていた荷物を回収。カートに乗せます。
さてこれからどうするべと考えます。


とりあえず必要なのは現地通貨。空港での両替レートってのは総じてよろしくないと聞きますが、
2万程度両替するのにいいも悪いもありません。目に付いた両替店で両替、
2万円=7420TN$でした。1TN$=2.7円弱。よくわからんけどこれが当面の活動資金となります。

今日はとりあえず事前に予約したゲストハウスにたどり着かねばなりません。
ゲストハウスは台北の中央駅、台北車站からMRT(台湾の地下鉄)淡水線で一つ隣、中山駅にあります。
ルートは空港バスで台北車站、台北車站からMRTで中山駅となります。
ガキのお使いじゃねーんだからそれくらい楽勝でこなせるでしょう。そんなことを考えつつ
両替後看板の表示を頼りに空港併設のバスターミナルへ向かいました。


たいぺいすてーしょん!あだるとわん!




通じました。
台湾語が話せなくても最低限のコミュニケーションはとれるものです。
125TN$支払って切符を購入、足取り軽くバス乗り場の前に移動します。
雨はしっかりと降っています。ただでさえ暑い台湾なのに湿気もひどいことになってました。
汗を拭きながら停留所の前に並びます。ちょうど前のバスが出たところなのか、並んでいるのは私一人だけ。
するとバス会社のおっちゃんらしき人が話しかけてきました。
「○●△■!」何言ってるかさっぱりわかりません。こっちは困惑するだけです。
おっちゃんはこっちの戸惑う様子を見かねたのか、おもむろに私の荷物にシールを貼り付け、
その半券を手に押し付けました。

おっちゃん「ビッグラゲージワン?」

俺「・・オーイエス!おんりーわん!」

単にバスのトランクに入れる荷物を選別しに来ただけでした。
切符を買う等こっちからの意思表示は伝えられるものです。
しかし相手からの意思表示となると、こちらが理解しなければ話が進みません。
本当に小さなことですが言葉の障壁というものを最初に実感することになる事件でした。


その後バスで台北車站へ移動し(約40分くらい)、馬鹿でかい台北車站を
20kg近い荷物を担いでうろうろしたり、ようやくMRT改札口にたどり着いたら
今度は切符の買い方、改札の通り方がわからず5分ぐらい改札の様子を観察したり、
中山駅から徒歩3分もかからないゲストハウスまで道がわからず同じ道を何度も
往復したりと端から見たら不審者のような行軍の後、
ゲストハウスにたどり着きました。着いたときには汗だく、ずぶ濡れになっていました。

ゲストハウス管理人のカオリさんが出してくれた麦茶は格別に美味しく感じました。
チェックインの手続きを済ましドミトリーに入ると二人の男性がいましたが、
挨拶もそこそこに私はベットにもぐりこみ早速爆睡することになりました。


DSCF1095.jpg

後日撮影したゲストハウスくまくん。の入り口。建物の4,5階にあり、
チャイムを鳴らすと日本語で応対してもらえます。



ちなみに今回写真が少ないのは、大荷物を担いで移動していたため、撮影する余裕が無かったためです。
20キロ担いで写真まで撮る根性はないっす!








追記を閉じる▲
とりあえず必要なのは現地通貨。空港での両替レートってのは総じてよろしくないと聞きますが、
2万程度両替するのにいいも悪いもありません。目に付いた両替店で両替、
2万円=7420TN$でした。1TN$=2.7円弱。よくわからんけどこれが当面の活動資金となります。

今日はとりあえず事前に予約したゲストハウスにたどり着かねばなりません。
ゲストハウスは台北の中央駅、台北車站からMRT(台湾の地下鉄)淡水線で一つ隣、中山駅にあります。
ルートは空港バスで台北車站、台北車站からMRTで中山駅となります。
ガキのお使いじゃねーんだからそれくらい楽勝でこなせるでしょう。そんなことを考えつつ
両替後看板の表示を頼りに空港併設のバスターミナルへ向かいました。


たいぺいすてーしょん!あだるとわん!




通じました。
台湾語が話せなくても最低限のコミュニケーションはとれるものです。
125TN$支払って切符を購入、足取り軽くバス乗り場の前に移動します。
雨はしっかりと降っています。ただでさえ暑い台湾なのに湿気もひどいことになってました。
汗を拭きながら停留所の前に並びます。ちょうど前のバスが出たところなのか、並んでいるのは私一人だけ。
するとバス会社のおっちゃんらしき人が話しかけてきました。
「○●△■!」何言ってるかさっぱりわかりません。こっちは困惑するだけです。
おっちゃんはこっちの戸惑う様子を見かねたのか、おもむろに私の荷物にシールを貼り付け、
その半券を手に押し付けました。

おっちゃん「ビッグラゲージワン?」

俺「・・オーイエス!おんりーわん!」

単にバスのトランクに入れる荷物を選別しに来ただけでした。
切符を買う等こっちからの意思表示は伝えられるものです。
しかし相手からの意思表示となると、こちらが理解しなければ話が進みません。
本当に小さなことですが言葉の障壁というものを最初に実感することになる事件でした。


その後バスで台北車站へ移動し(約40分くらい)、馬鹿でかい台北車站を
20kg近い荷物を担いでうろうろしたり、ようやくMRT改札口にたどり着いたら
今度は切符の買い方、改札の通り方がわからず5分ぐらい改札の様子を観察したり、
中山駅から徒歩3分もかからないゲストハウスまで道がわからず同じ道を何度も
往復したりと端から見たら不審者のような行軍の後、
ゲストハウスにたどり着きました。着いたときには汗だく、ずぶ濡れになっていました。

ゲストハウス管理人のカオリさんが出してくれた麦茶は格別に美味しく感じました。
チェックインの手続きを済ましドミトリーに入ると二人の男性がいましたが、
挨拶もそこそこに私はベットにもぐりこみ早速爆睡することになりました。


DSCF1095.jpg

後日撮影したゲストハウスくまくん。の入り口。建物の4,5階にあり、
チャイムを鳴らすと日本語で応対してもらえます。



ちなみに今回写真が少ないのは、大荷物を担いで移動していたため、撮影する余裕が無かったためです。
20キロ担いで写真まで撮る根性はないっす!







【2010/09/10 20:00】 | 台湾
トラックバック(0) |

毎日
ほっち
毎日楽しみに見てるよ!!
体調には気をつけてね!!


Cocona
更新楽しみにしてます!
いやぁ、絶対に若い間じゃないとできない旅
地元密着の旅ができますね
気をつけて過ごしてくださいよ、ほんと

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
毎日
毎日楽しみに見てるよ!!
体調には気をつけてね!!
2010/09/10(Fri) 23:18 | URL  | ほっち #-[ 編集]
更新楽しみにしてます!
いやぁ、絶対に若い間じゃないとできない旅
地元密着の旅ができますね
気をつけて過ごしてくださいよ、ほんと
2010/09/11(Sat) 08:42 | URL  | Cocona #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。