2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハノイからのオープンバスツアー、最初の訪問都市となるのはフエです。
フエは歴史ある古都、遺跡群が世界遺産に登録されている街として有名です。
距離としてはハノイから南へ680キロ、寝台バスでの移動となります。


夕方6時20分頃時、宿泊していたダーリンカフェにピックアップのミニバンがやってきます。
荷物を詰め込み乗り込むと別のゲストハウスに向かい、そこでまた数人が乗り込みます。
車が満員になりツアー会社前まで移動。寝台バスに乗り換えます。八時頃でした。
乗り換えの際、フエの有名な日本人宿、Bing Duongホテルのスタッフが
日本人を探しにきていました。ここで名前を伝えておくとフエ到着時、
Bing Duongのスタッフが送迎に来てくれます。ベトナムのしつこい客引きを
相手にしなくてもよいのでBing Duongに行く予定ならばお願いしておきましょう。

バスの中はこんな感じ
DSCF1797.jpg

正直狭い。寝返りなんて無理です。

出発して程なく消灯。結構揺れます。そしてベトナム人の習性なのか、
ドライブ中、前の車を追い抜くときは警笛を鳴らしまくります。
夜中だろうがお構いなしです。なのでしょっちゅう目が覚めました。
そんなこんなですがバスは順調にフエに向かいました。


DSCF1804.jpg

翌朝車内で見た夜明け。地平線の向こうから陽が昇ってきます。

6時半ごろ朝食休憩。パンとオムレツをいただきました。

DSCF1807.jpg

こんなバスに乗ってました。

DSCF1808.jpg
DSCF1809.jpg
DSCF1810.jpg




休憩したドライブインの周囲。まさにベトナムの田舎。


30分ほど休憩した後、バスは出発。順調に進み8時過ぎにフエに到着しました。
停留所には客引きが群がっていましたが、Binh Duongのスタッフが迎えに来てくれていたので
華麗にスルー。送迎者に乗り込みBinh Duongに向かったのでした。



追記を閉じる▲

夕方6時20分頃時、宿泊していたダーリンカフェにピックアップのミニバンがやってきます。
荷物を詰め込み乗り込むと別のゲストハウスに向かい、そこでまた数人が乗り込みます。
車が満員になりツアー会社前まで移動。寝台バスに乗り換えます。八時頃でした。
乗り換えの際、フエの有名な日本人宿、Bing Duongホテルのスタッフが
日本人を探しにきていました。ここで名前を伝えておくとフエ到着時、
Bing Duongのスタッフが送迎に来てくれます。ベトナムのしつこい客引きを
相手にしなくてもよいのでBing Duongに行く予定ならばお願いしておきましょう。

バスの中はこんな感じ
DSCF1797.jpg

正直狭い。寝返りなんて無理です。

出発して程なく消灯。結構揺れます。そしてベトナム人の習性なのか、
ドライブ中、前の車を追い抜くときは警笛を鳴らしまくります。
夜中だろうがお構いなしです。なのでしょっちゅう目が覚めました。
そんなこんなですがバスは順調にフエに向かいました。


DSCF1804.jpg

翌朝車内で見た夜明け。地平線の向こうから陽が昇ってきます。

6時半ごろ朝食休憩。パンとオムレツをいただきました。

DSCF1807.jpg

こんなバスに乗ってました。

DSCF1808.jpg
DSCF1809.jpg
DSCF1810.jpg




休憩したドライブインの周囲。まさにベトナムの田舎。


30分ほど休憩した後、バスは出発。順調に進み8時過ぎにフエに到着しました。
停留所には客引きが群がっていましたが、Binh Duongのスタッフが迎えに来てくれていたので
華麗にスルー。送迎者に乗り込みBinh Duongに向かったのでした。


【2011/01/19 19:00】 | ベトナム
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/27(Fri) 12:54 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。