2010年8月31日出国、22カ国周遊して世界一周達成!2011年4月29日に帰国しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的にバーが好きだ。
それもバーテンダーがバーコートを着てきちんとシェイカーを振ってくれるとこが良い。
大学生の頃にバーテンダーをしていたため、
ある程度のカクテルとその味は知っているつもりだ。
世界各国のバーではどんなカクテルが飲めるか?
それを楽しむのも今回の旅の目的の一つだった。
バンコクのマンダリンオリエンタルバンコクといえば、
ジム・トンプソンの頃から東南アジア屈指の西洋ホテルとして有名。
ここならきっと美味しいカクテルを飲めるだろう・・・と期待して行ってみた。
mobkk_hpm_1.jpg

マンダリンオリエンタルバンコクは上記写真を見てもらえばわかるが、
チャオプラヤ川に面する最高のロケーションだ。
「Oriental Pier」というチャオプラヤ川を行きかう船の停留所まである。
カオサンからこのホテルに行く場合はこの停留所から行くのが便利だ。
往復でたったの14バーツ(約42円)。




そんな高級ホテル、タクシーか何かで行けよ!ってツッコミが聞こえてきそうだが、
残念ながらバックパッカーの身分では交通費にお金をかける余裕はない。
使えるならばなるべく公共交通機関を使うべきだ。





話を戻す。ここのメインバーの「バンブーバー」はその名の通り
竹をモチーフにしたシックなバーで、
落ち着いた雰囲気の中でカクテルを楽しめる。
19時ごろの入店と、バーを楽しむにはちょっと早い時間帯ながら
客はポツポツと入っていた。
女性バーテンダーがシェーカーを振っていた。
顔をは失念したが細長い綺麗な指をしていたのは覚えている。
お気に入りのカクテル「コスモポリタン」を注文。
甘酸味のバランスのとれた味わい。及第点以上の一杯だった。
バーの中はどこをみてもおしゃれでシック。
この頃の日常はバックパッカーとして地べたを這いずり回るような
移動が当たり前だったため、久々のバーでの時間は貴重だった。
せめて、ここにいる間だけはバックパッカーであることを忘れよう。
そんなことを考えながらカクテルを楽しんだ。



調子に乗ってさらに2杯バーのオリジナルカクテルをいただき店を出た。
3杯で1080バーツ(約3200円)はこの手のバーとしては平均的な価格。





その後宿に戻ったが一泊150バーツのドミトリーの
寝心地の悪さをあれほど感じたのは初めてだった。




例のアレ。


↓ポチってもらえれば最高です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2012/02/02 22:30】 | タイ
トラックバック(0) |
久しぶりの更新です。リアルが忙しいとパタっと更新が止まる・・・
申し訳ないです。。。
しばらく世界一周後に行ったフィリピンのことを書いていましたが、
今日から久しぶりに一周中の話に戻す。
タイのバンコクで止まってましたね。
バンコクは楽しめるスポットがたくさんあるけども、
今回はチャトウチャックのウィークエンドマーケットについて。
バンコクのウィークエンドマーケットは地球の歩き方にも載るほど有名だ。
その名の通り週末だけ開催されるマーケット。
週末のタイミングでバンコクに滞在する場合はぜひ行って欲しい。
場所はLRTモーチット駅そばの公園。
週末に行けば人の流れですぐにわかるだろう。
カオサンからはバスがでているそうだ。(自分は未使用)
こちらのサイトがカオサンからのアクセスに詳しいので参照して欲しい。



ウィークエンドマーケットは衣料から電子製品まであらゆるものが手に入る。
サンダルからカバン、ジョークTシャツまで旅行者が欲しがるモノも豊富にある。
そしてタイらしく食べ物飲み物の屋台はわんさか出ているので、
何かつまみつつ、飲みつつ見て周るだけでも楽しめる。
注意すべきことはかなりの混雑になることだ。
いや正確に言えばマーケット内の通路が狭く、
そこに人が集まるので動線確保が難しいのだ。

このマーケットは元々観光客向けに開催しているのではなく、
バンコク庶民向けのマーケットでありたまたま観光名所になっているに過ぎない。
なのでバンコク中から老若男女が集まってくるのだ。

DSCF2814.jpg

DSCF2818.jpg

入口付近、この辺りはまだそうでもないのだが・・・


動画の方が雰囲気が伝わると思うのでアップロード。
通路が狭いのに人は多い。移動は大変なので気合入れて臨むこと。

旅行者が欲しいものが何でも揃うので見ていて楽しい。
自分の場合黒の短パンをここで購入した。
300バーツの提示を200バーツまで負けさせた。そういう交渉は必要。

さてこのマーケットで覚えておいてほしいことが一つ。
それは「欲しいモノを見つけたらすぐに手に入れること」である。
このマーケットはでかい。でかすぎる。
体感としては東京ドーム2,3個分という感じ。
そしてたくさんの店がひしめいているた一度その場を離れると、
再びその場に戻るのは非常に難しい。
何か良いものを見つけたらすぐ交渉に入ることを勧める。


DSCF2816.jpg
出店の中にDHLのブースがあった。
ホールセールにも対応してくれるようだ。



各地でマーケットを見てきたが、ここの規模は一段大きかった。
バンコク滞在で日程が許すならぜひいってみて欲しい。


頑張って更新します!だから最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2012/01/25 19:00】 | タイ
トラックバック(0) |
カオサンのゲストハウスの中で特に有名なのがさくらハウスだろう。
コスパ最高の宿・・・というレッテルと共に、、
南京虫の巣窟として有名になってしまったけど。


さくらハウスのコストパフォーマンスのよさは特筆すべきものがある。
一泊の料金は150バーツ(450円)ながら
・wifiフリー
・洗濯機フリー
・エアコン付ドミトリー
・ホットシャワー
・マンガ読み放題


と、実にありがたいサービスが揃っている。
特に、クソ暑いバンコクにおいてエアコンは本当にありがたい。
夜中は正直寒いほどガンガンに冷房を効かせてくれる。
それでも汗ダラダラで寝るよりははるかに快適だ。
カオサンの宿はエアコン付きの部屋ともなると、
どこも通常料金+150バーツはふっかけてくる。
そんな中でこの価格は秀逸。
洗濯機も無料で使えるし、ハンガーとかはその辺にあるのを自由に使える。
晴れていればバンコクの暑さですぐに乾く。
旅行中、普段は手洗いしてる人がここでは久々に洗濯機で洗えたと喜ぶ人もいる。
ホットシャワーは3台あるシャワーのうち一台しか使えない。
それもヌルい。それでもないよりはマシである。水量も悪くないし。
マンガは15000冊以上保有しており、日がな一日読みふけることもできる。
マンガを読んでいると「バンコクまでやってきて何やってるんだ俺」という
背徳感、沈没者気分が味わえるのでオヌヌメ。
(最新作は期待してはいけない)
共有スペースには世界各地別の情報ノートもあるし、
少ないが日本語の小説も置いてある。
ゲストハウスと同じ階に併設されているのが日本食レストラン。
から揚げ定食やラーメンが100バーツ(300円)ほど。味はなかなか。
カオサン物価からしてちょっと割高だが、ボリュームはしっかりあるので、
大食いの旅行者でも満足するだろう。
ちなみにこのレストランは駐在の日本人や地元の人もよく利用しているようだった。
場所、カオサン通りから一本隣に位置するランブトリー通りに面したビルの4階だ。
カオサンエリア内だし近くにはレストランやコンビニもあり、非常に便利なところだ。

DSCF3832.jpg

DSCF3834.jpg
ドミトリーとベットの様子。

それからここに滞在する人は超長期旅行者から旅の初心者まで様々で、
旅行者同士話をするだけでも楽しめた。
旅に関するあらゆる情報交換が行われていたし、
仲間を集って夜のナナやパッポンに繰り出したりもした。
出会いという意味でもこの宿は貴重な存在だと思う。



さて、そんな最高な宿ではあるが、最大にして最悪な欠点がある。

南京虫だ。

2,3年前からその発生がささやかれていたが未だに発生し続けているらしい。
少なくとも私が宿泊した2010年11月の時点では壁を、ベットを元気に虫が這いまわっていた。
ドミトリーの壁を見てもらえばすぐに気づくが、そこには何かをすり潰したような跡がたくさん・・・
もちろん南京虫を潰した跡である。
滞在中何人もの宿泊者が南京虫にやられ、
中には南京虫が嫌だからと宿を移った人もいた。
一応対策として防虫剤をベット周りに散布することができる。
が、餌食となる人はとことんやられるようで。
いくら防虫剤を散布しても翌日には食われまくっている人もいた。


ただこの南京虫、刺される人は本当によくやられるようだが、刺されない人はまったく被害を受けないようだ。
私はというと2週間以上宿泊したが、一度も被害を受けなかった。
自分の他にも2,3週間連泊している人がいたが、やはりノーダメージだった。
どうやら南京虫にも好みがあるようだ。何をもって好かれるのかはわからないが。


コスパを考えればこの宿は自分が泊まり歩いた中でも最高クラスの宿だ。
いつか再びバンコクに行くことがあるならば、ぜひ泊まってみたいと思う。
ピロポンやタツヤさん、ケイ君にユーコさんと出会えて良かったと思える人もいた。


だけど人に勧めれるかというと・・・南京虫がなぁ・・・
ホント、それさえなければいい宿なんだけどね。
マックス15人の宿で刺される人は一晩1,2人だったので大半の人が大丈夫だとは思うけど・・・
チャレンジする人は自己責任で。南京虫にやられても知りません。


さくらハウス公式サイト



読んでいただいてありがとうございます!最後に1ポチ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!


追記を閉じる▲

【2011/09/26 21:00】 | タイ
トラックバック(0) |


ゆとりある名無し
さくらハウスの南京虫、自分が利用した
2007年2月から既に被害者がいました

設備がぼろいのと出会いに恵まれなかったのと
この虫で泊まることはあまりなかったけどレストラン・漫画喫茶もどきはよく使ったなあ

コメントを閉じる▲
マカオ以来のエッチなネタ。

旅の醍醐味の一つに「現地の人々との交流」というものが挙げられるが、
口で語らうだけではない。下の方で交わってもいいじゃないか。

エッチなのはよくないと思います!><

という人はどうか続きを読まないでください。

クレームはめんどうなので受け付けません。
バンコク、というよりタイは性産業が盛んな国である。
こんなことを書くとタイの名誉を汚しているように聞こえるかもしれないが、
実際にそうなんだから仕方が無い。
東南アジアの暑さがそうさせるのか国民性なのか知らないが、
海外からこぞってスケベオヤジが遊びにやってくる。
一昔前はよく日本人買春ツアーの実態!なんて記事が週刊誌に載っていたが、
事実はそれどころではない。日本だけでなく、世界中からやってくるのだ。
欧米はもちろん中国インド、そしてアラブ。
前の記事にも書いたがナナプラザ近くには大きなアラブ系ホテル街があり、
いかに多くのイスラム圏の人間が宗教から回避して遊ぶために
来泰しているかを示している。


カラオケ、クラブ、ゴーゴーバー、マッサージパーラー、
お酒を飲みながらトークを楽しむタイプからいきなりズッポシまでタイプは様々。
予算と好みに合わせて楽しんでほしい。
ではバックパッカー的に安くあげるにはどうしたら良いか?
私はマッサージパーラーをお勧めしたい。



マッサージパーラーとは日本で言うところの特殊浴場、ソープである。
ひな壇にずらりと並んだセクシー衣装の女の子の中からお好みの娘を選んで、
個室にイン。お風呂で身体を洗ってもらってベットでズッポシ!というシステム。
単純明快後腐れもなし。旅から旅のバックパッカーにはぴったりだ。
予算的には、1500バーツ(4500円)~6000バーツ(18000円)と幅が広い。
もちろん店のグレード女の子の容姿スタイルサービス等で値段は分かれている。
どの店にもコンチアと呼ばれるマネージャーがおり、相談に乗ってくれる。
英語は大体通じるし、日本人御用達といわれるNatalyなんかは日本語も通じる。
コンチアに相談に乗ってもらったらは100バーツ程度のチップを渡してあげよう。
彼らはチップで食っている。

ちなみにこのマッサージパーラー、ひな壇を見学するだけで面白い。
ガラス張りの向こうのひな壇におねーちゃんがズラリ!ってのはなかなか壮観。
自分なんかは初めて見たとき思わず「おぉ!すっげー!」とか
絶叫しちゃってコンチアに苦笑された覚えがある。



images.jpeg
こんな感じ。男なら心躍るでしょ?


バンコクのどこにあるか?
ハローバンコクさんが詳しく解説しているのでそちらを参照に。

この中で自分が実際に行ったのは「J-one」「Natally」「Dirailer」であるが、
それぞれ特徴が出ていたので紹介する。

・J-one
こちらはぼったくり店として有名なので注意。
今回の旅ではなく、学生のころ卒業旅行でここに入った。
それなりのレベルの女の子がいるが、日本人は甘く見られているらしい。
後で知ったネットの情報より遥かに高い価格を吹っかけられていた。
それだけでなくコンチアやウェイトレスやらがやたらせびってきて閉口した。

・Dirailer
ナナ駅からタクシーで10分くらいのとこにある高層ビルの6階にあるMP。
高級店だがそれに合わせてレベルがとても高い!
高いといっても3,4000バーツ(9000~12000円)辺りがメインの価格帯で、
日本で高級店に入ることを考えれば遥かに安いといえる。
ひな壇の向こうはビル6階からの夜景が見れるので、
嬢と夜景を眺めつつ酒を飲むだけでも楽しめるMPだ。
入った女の子は3000バーツの娘で英語ペラペラ。
浅黒くタイ東北部出身と言っていたが、
実に濃厚なサービスでタイのホスピタリティの高さを教えてくれたもんだ。
プレイルームもホテルの一室のように立派なものでまったく不満はなかった。
お金に余裕のある人はぜひチャレンジしてほしい店だ。



ビルの1階2階もMPになっており、2階の「Plaza」は安くて質が良いと評判。
1階の店はぼったくりらしいし、見た限りロクな娘がいなかった。
6階に上がるときにしつこく誘ってくるので要注意。


・Natally
ここは日本人御用達として有名。2500バーツ~
たぶん店の方針として日本人好みの女の子を集めているのだろう。
小柄で日本人に似た顔、日本人好みのメイクをした女の子がわんさかいる。
女の子も日本語を勉強している子が多いらしく、
店を廻っていると「コニチワー」と声をかけられまくる。
20分くらい店内をウロウロして決めた娘は、
福原遥ちゃんを大人にしたような感じの娘で超絶かわいいけどまさに素人!
ロクにサービスもせずほとんどマグロ状態。
頑張って腰振ってフィニッシュしましたよ。


え?福原遥が誰かわからない?
平日5時40分NHK教育テレビのスーパーアイドルまいんちゃんのことですよ。

Natalyはラチャダーピセーク通りという大通り沿いにあるのだが、
この付近はMPがずらりと並んでいる。地下鉄フォイクワン駅から
地上に出ればすぐに何件かMPが目に付くのでわかりやすい。
一軒入って気に入った娘がいなければどんどん次の店に行けば良いので、
風俗店巡りなんていう恥はかなぐり捨ててガンガン店を廻ろう。
Caesers、Emanuel、MirageそしてNataly、この辺は有名どころで、
それくらい廻れば1人くらい好みの娘を見つけられるだろう。

他にも地下鉄スティサン駅近くのPoseidonという店も見学だけ行ってきたが、
ここも相当レベルが高い。他の人のブログとかでも評判がよいので
ぜひトライしてもらいたい。

記事を書いているとなんだかポン引きにでもなった気分であるが、
これも全て日泰友好のため!
ぼったくり店を回避しつつ、楽しいMPライフを送ってほしい。
参考になったという殿方、幻滅した奥方は最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!



追記を閉じる▲

【2011/09/15 21:55】 | タイ
トラックバック(0) |


ikeda
おっ!いいね

下衆だねー

まいんちゃんのくだりなんて特に!

平日5時40分とか

完全に僕らニートに時間帯じゃないか!


まさたか
>ikedaさん
タイでは僕以上の活躍を期待していますよ(ニヤッ
バンコクで、パタヤで、漢イケダメンを見せてください!
あーまいんちゃんを知ってるとか嬉しいなー。
まいんちゃんは平日の天使ですよエエ。

コメントを閉じる▲
ようやく通常更新。TOEICなぞ受けてたもんでしばらく放置しました。
すんませんです・・・結果のほうは・・・さっぱりでした・・・すんませんですorz



ええい気を取り直してバンコクの話。
バンコクの数ある観光スポットの中で屈指の有名どころ。
ワットポーに行ってみた。
バンコクは4年前に一度来ているので、正直観光にはたいして興味はなかった。
それでも唯一ここだけは再訪したいと思ったのがこのワットポー。
不覚にも感動した。
あの涅槃仏像の煌びやかさとスケールに圧倒されてしまったのだ。


そんなわけで歩いてカオサンから行ってみた。
歩いたのはちょっとした失敗。ガイドブックで見る限りそんなに遠くないと思ってたのだが、
いくら歩いてもなかなかたどり着けない。というか途中道を間違えた。
汗だくになりつつ結局2時間くらい歩くことになった。
グーグルアースで調べてみるとカオサンからワットポーまで2.3キロ。
バックパッカーならこれくらいは余裕で歩く距離なのだがなぁ。




入り口に到着。客引きやらタクシードライバーやら、怪しい風体の男がうじゃうじゃ。
観光地の前のいつもの風景。
流暢な英語で、片言の日本語で話しかけてくるが華麗にスルー。
50バーツ払ってレシートのようなチケットをもらい中へ。

DSCF2777.jpg

DSCF2781.jpg

DSCF2785.jpg

DSCF2782.jpg

前に来たときと変わらずの煌びやかさ。タイ仏教らしい。

唯一変わったといえば
DSCF2788.jpg
アラブ系の人がやたらいたことだろうか。

ちなみに風俗街として有名なナナにはアラブ系ホテルがずらっと並んでいる。
イスラム系の人々は自国では宗教上の理由でなかなか女性に手を出せない。
そんなウサを晴らすかのようにタイに押し寄せているそうだ。
どんな宗教を信仰していようと一皮剥けば・・・といったところか。
タイに売春にくるのは決して日本人だけではない。

そして涅槃仏とご対面。

DSCF2791.jpg

DSCF2789.jpg

DSCF2794.jpg

DSCF2795.jpg

DSCF2797.jpg

DSCF2792.jpg

相変わらずの迫力。旅の無事をお祈りしつつ、いくらか寄進した。


ちなみにこのワットポーはタイ古式マッサージの総本山でもあり、
寺院の一角にはマッサージの練習場があるそうな。
タイ語が多少わからないと辛いらしいが、日本人でも受講可能だそうだ。
本格的に学んでみたい人は門を叩いてみるとよい。

読んでいただきありがとうございます。最後に↓1ポチ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから↓
にほんブログ村 世界一周

失笑と苦笑の嵐!プラトーン絶賛公開中!


追記を閉じる▲

【2011/09/13 21:15】 | タイ
トラックバック(0) |


ikeda
トーイックか!?

おつかれさん

ホント英語が話せれば
もっと旅も楽しいのにと思う毎日だよ!

ブログ村のボタンの位置変わった?


危険厨
この寝大仏、今年の夏見に行ったよ。見物客がズラッと並んだ金属の鉢に小銭を投げ入れる音と、それを回収する音が静かに鳴り響いてて、独特な厳かな雰囲気に満たされてた。
TOEICってことはニ度目の海外脱出を目論んでおるな。次はワーホリ?


まさたか
>ikedaさん
イエスTOEICです。ぜんぜんできなかったw
というか話せるようになりたいので短期留学を検討中です。
来月辺りフィリピンに行こうかと思うんですが来ますか?(笑)

>危険厨さん
私が見に行ったときは白人観光客とインド人観光客でごった返してました。
雰囲気もへったくれもなかったです。
タイミングにもよりますよね。
TOEICはどっちかというと就職用かなw
ぜんぜんできなかったからフィリピン辺りで勉強してこようと思うけど。


ikeda
なぜフィリピン!?

確かにたまにフィリピン留学の人いるけど

就活やっぱ厳しいの?

それとも失業保険延長狙い?


まさたか
>ikedaさん
まぁ語学兼夜遊び留学ですよwwwwww
旅行中英語&スペイン語ペラペラの元ホスト君と知り合ったんですけど、どうやってそんなに話せるようになったのと聞いたら
「女を口説きたいから!(キリッ」と答えてくれましたw
それを踏襲してきます!就職活動はぜんぜんしてないです。まぁ厳しいんじゃないですかねー
失業保険は色々あって受給できませんでした。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。